読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

SH-07AとBD-HDW45とで、録画番組を携帯電話転送して楽しむ

 通勤時間が片道1時間半以上かかるので、その時間を利用して番組を観ようということで、年明けからずっと使ってます。

ブルーレイディスクレコーダー側の設定

 ブルーレイディスクレコーダーBD-HDW45での設定として、1つめは「予約時の同時録画設定」というのをやっておきます。 録画機能が2つ入っていることを利用して、携帯電話用動画を自動生成する仕組みのため、その機能を使用した録画中は裏番組の録画が出来ません。
 もちろん、同時録画をせずに、後で携帯電話用動画を生成することが出来るのですが、録画するときと同じだけの時間がかかります。 30分番組なら30分、1時間番組なら1時間かかるということです。 これから出かけようというときに慌てて出来ることではないため、やはり「予約時の同時録画設定」を有効にしないと意味がないと思います。
 2つめは「携帯電話動画画質設定」を確認します。 シャープ製のブルーレイレコーダーの場合、画質は4種類あって高画質が選べるのがいいところです。 実際にケータイに動画を転送してみるともうワンセグ品質には戻れないと思います。 但し、本来の録画データとは別に携帯電話用動画を持つためにHDDを余計に消費します。 見終わった番組の携帯電話用動画を消去すれば良さそうなものですが、まとめて消すための機能がなく、個別に番組を選んで機能メニューから「携帯電話用動画管理」にて消去します。 大量に消したい場合には大変面倒な操作になる、ということです。
 3つめは「自動転送設定」です。 これをするに変えておくと、USBケーブルで携帯電話を接続したときに新規録画分を携帯電話に転送してくれます。 但し、「予約時の同時録画設定」が有効になっていないと自動転送するための携帯電話用動画が作られないため、「予約時の同時録画設定」とセットで有効にしておく必要があります。

携帯電話側の設定

 docomo PRO series SH-07Aには「レコーダ接続時刻設定」というのがあり、指定に時刻にUSBケーブルでブルーレイレコーダーと接続していると、自動的に新規録画分を携帯電話に転送するのです。
 ブルーレイディスクレコーダー側の設定で「予約時の同時録画設定」が有効で「自動転送設定」が有効でも、USBケーブル接続中に録画した番組は再度USBケーブルを接続したときに転送されるため、たとえば朝起きてUSBケーブルをつなぎ直すなんていうのは面倒ですよね。 「レコーダ接続時刻設定」が有効になっているとUSBケーブルをつなぎ直さなくても設定した時刻に転送されるため、わざわざつなぎ直すことなんて要らなくて便利です。
 但し、USBケーブル接続時に携帯電話の何かの機能、メールやiモードiアプリなどが立ち上がっていると自動転送されないため、注意しないといけません。

Bluetoothヘッドフォンが便利

 満員電車に揺られて通勤するときに、ヘッドフォンケーブルが大変煩わしくなります。
 SONYのDR-BT50というBluetoothヘッドフォンにして十分な音質と本当のワイヤレスを実現しました。
 ワンセグやムービー再生時の機能メニューにある「Bluetooth出力」に「起動時自動接続設定」というのがあるので、あらかじめBluetoothメニューで「通常接続機器設定」を有効にしてあれば、ヘッドフォンの電源を入れておけば自動的に接続してくれるのです。 携帯電話の電力消費を節約するためにこまめにBluetooth機能をオフにしているので、こういう機能が役立ちます。

使ってみてどうなのか

 「自動転送設定」や「レコーダ接続時刻設定」での自動転送が失敗することがありました。 1度でなく2度発生しています。 ブルーレイディスクレコーダーや携帯電話の説明書にも書いていないようなメッセージが表示されて自動転送されません。
 そのときは、ブルーレイディスクレコーダーのメニューから手動で転送の操作をして番組一つずつ転送してみると、特定の何かの番組がコケる感じです。
 コケた場合は、一度ブルーレイディスクレコーダーをRESETして立ち上げ直し、新規マークを消すためにブルーレイディスクレコーダー上で再生して、自動転送対象から外してやることで回避できます。
 そんな事象をメーカーであるSHARPさんに報告しています。 何か進展があれば、ここに報告します。
 あと、携帯電話SH-07Aの操作上の問題として、軽く右ボタンを押すと次のタイトルの再生になり、長く右ボタンを押し続けることで再生中の番組を早送りします。 簡単な30秒スキップ機能がないため、再生している画面を見ながら早送りするしかないのですが、うっかりチョチョンとおしてしまうと次の番組の再生に移ってしまいます。 そこで左ボタンを押して元のタイトルに戻ると、最初からの再生になります。 CLRボタンや終話ボタンで終わるときはレジューム再生できる(終わった時点の再生時刻位置を覚えておいて、そこから再生してくれる)のですが、右ボタンをチョン押しした場合には無効なようで、いつも早送りするときは気を遣います。 諦めて早送りしないこともあります。
 また、再生中番組の静止画保存が出来ません。 ワンセグ録画番組では出来るのに不公平です。
 携帯電話でもブルーレイレコーダー並の1.5倍速再生が出来るといいのにと思います。