読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

WebMatrixから撤退するときのメモ

なぜWebMatrixから撤退したのか

 そもそも、なぜWebMatrixを使おうとしたのかですが、WordPressのカスタマイズについて習得しようかなと思った矢先に、窓の杜さんで「窓の杜 - 【特別企画】10分で構築、管理も楽々! 「WebMatrix」と“ExpressWeb”で始める「WordPress」」という記事があったので、深く考えずに正直に「Mictosoft Web Platform Installer 3.0」や「Microsoft WebMatrix」を入れ、「PHP 5.2.17 for WebMatrix」も入れて「MySQL 5.1」も入れたんですが。
 MySQLがサービスとして常に動作しているんですよ。 IIS ExpressはWebMatrixが立ち上がっている間だけ動いてくれるのでいいんですが。
 で、その後調べて、会社と自宅で同じ環境でWeb構築するのに、「XAMPP Portable」を活用した方が楽だ*1って思えて、USBメモリにXAMPP Portableを構築しました。
 じゃぁWebMatrixは要らないねってことで使わなくなったのですが、XAMPP Portableの中の「xampp-control.exe」が制御するMySQLがXAMPPの中のMySQLでなくてWeb Platform Installerで入れた方のMySQLの方を制御してしまって邪魔になりました。
 そんな訳で、何のためにWeb Platform InstallerやWebMatrixを入れたのかわかんなくなったので、撤退したというわけです。

おおよその流れ

 「Web Platform Installer」の画面でインストールしたものの名前をチェックして、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」で同じ名前にものを探して、アンインストールするだけ。
 だけど、PHPについてはアンインストーラーがない。 これは手で消すしかないみたい。

PHPのインストール先

 Web Platform Installerで入れた「PHP 5.2.17 for WebMatrix」は特にアンインストーラーがないので、手動で削除する必要があるっぽいです。
 「IIS 7.5 Express」を削除しても「PHP 5.2.17 for WebMatrix」は消えないので、インストール先である「E:\Program Files\IIS Express\PHP\v5.2」フォルダを削除することにしました。

そんな訳で

 最後の最後に「Web Platform Installer」を削除、その前に「WebMatrix」を削除、その前に「SQL Server」関係を削除って感じで大体うまくいった気がします。

*1:WebMatrixとはなんぞやとかWeb Platform Installerとはなんぞやとか、かえって覚えることが多くなってめんどくさくなってきたっていう意味で。