読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

docomo BF-01D評、その1

入手の経緯(夢をもう一度)

かつて東京で一人暮らしの時に、フレッツNEXTのオプション契約で光ポータブルPWR-100F(こちらはサポート情報ページ)を使っていた。ほぼ同じものがdocomo BF-01Bとして出ていて、そいつのSIMロックされてないSIMフリー版がPWR-100Fだった。これにemobileEMチャージというプリペイド式データ通信プランのSIMを挿して、使う時にわざわざ1日定額を申し込んで思う存分使っていた。
今は秋田の実家暮らしで直接フレッツの契約をしていないため、光ポータブルなんてものは返却してあるし、引越しのどさくさでEMチャージのSIMは行方不明。
基本的にはWi-Fiルーターなんて要らない生活のはずだったんだが、秋田という土地(あるいは非都市部?)はソフトバンクモバイル(以後SBM)の電波がうまく捕まえられないところがある。見通しの悪い山間部はどうしようもない。そんなところでもデータ通信が使えるようにしておきたいというニーズは少なからずあった。
そして、職場のルーター熱暴走なのか設定不良なのか接続プロバイダーのボケなのか、稀にネットに繋がらなくなる事態に遭遇する。そんな時に使える予備回線があったら業務を止めなくて良いなというニーズもあった。
そんなこんなで、PWR-100Fよもう一度、なんて思ったけど、BF-01Bにb-mobile系SIMでもいいかなと考え、さらにどうせならXi(LTE)対応のBF-01Dもいいなと考え、ヲク業者から約1万6千円で入手したのであった。
SIMは当初イオンSIMでいいかなと思っていた。400kbpsを月額2,980円で運用出来るのはいいなと思っていた。けど、Xi(LTE)対応の端末を使うのだからSIMも対応のものがあるといいなと考え、出てきて間もないカメレオンSIMにしてみた。

カメレオンSIMの開通

bモバイルオンラインストアで発注して、週末を挟んだせいもあって月曜日に発送され火曜日に届いた。夜間の開通手続きは順調に進められたがすぐはつながらず、説明書通りに翌日9時以降に開通できた。向こう3週間は高速通信の恩恵に預かれることになる。
尚、他のbモバイルのSIMは電話での開通手続きのあと5分ほどで開通するのだが、カメレオンSIMは9時〜20時なら15分後に開通し、それ以外の時間帯は翌日9時に開通する。そう書いてあるし、実際そのようになった。
開通後はMy b-mobileに登録した。前日までのデータ通信量が把握できる。最初の3週間が過ぎたあとにどのプランに切り替えるかもここから申し込める。

体感的な速度評価

ベンチマークテストでは速い。XTREME LABSのiOS App、SPEEDTESTで測定したら、カメレオンSIMの高速定額でレイテンシーは212ms、下り平均2708Kbits/s上り平均185Kbits/sとなっていて、SBM 3Gでの350ms、1061Kbits/s、49Kbits/sよりはいい。
けど、Wi-Fiルーターのせいなのか、通信し始めがもたつくのが気になる。通信のアイドル時間が多めのルーズな通信のときは、むしろSBM 3Gの方が小気味良い気がする。
Xi(LTE)の電波を探しながら通信しているのだろうか?

その他のポイント

BF-01DはPWR-100F/BF-01Bと同様にクレードルが付属する。クレードルから給電しながらデータ通信することが出来るようになっている。
クレードルにはLANポートもある。スイッチ切替でINTERNETにすれば、ADSLモデムや光回線終端装置(ONU)に繋いで固定回線でインターネット接続ができるし、スイッチをLANにすると直結したパソコンやLANのHUBと繋げばLANまるごと3G/LTE回線でインターネットに接続できる。そう、無線LANがついていないデスクトップパソコンからでも3G/LTE回線が使えるのだ。
PMX(Personal Media eXchange)なるサービスが利用できる。このBF-01D自体に16GBのストレージを持っていてNASのように振る舞えるのと、このストレージからインターネットに自動送信したり自動受信できたりするらしい。でも、iOS端末からPMX機能を使うのがうまくハマらない。むしろパソコンやAndroid端末なら合うんだろう。積極的には使わない気がする。
但し、iOS AppのPMXアプリはBF-01Dの簡単なステータス表示や設定変更ができるので、そこだけは便利。
電池パックBF01は1880mAhの容量。仕様上はLTE通信時は約4時間、3G通信時は約5.5時間連続通信ができるらしい。明らかにPWR-100F/BF-01Bよりも容量が増えている。けど、BF-01Bは約6時間いけるらしいから、なんか持ちが悪いようだ。一日使い倒すのなら、大容量モバイルバッテリーの類は必要かもしれない。
written by iHatenaSync