読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

廃れたキーボードつきPDA

 「iPhone6やXperiaへの挑戦! 正方形液晶のBlackBerry Passportが発売 - 週アスPLUS」を見ていて思い出したことがある。
 その昔まだPocket PCというWindows CEを少しリッチにしたOSを採用したhp jornada 568という端末があった(参考:「日本HP、Pocket PC 2002搭載のJornada 568」)。 これに正面からかぶせるようにして合体させるキーボードカバーがオプションにあり、それも持ってた(参考:「日本HP、jornada 568専用 pocketキーボードを発売」)。
 決して使いやすくはなかったけど、友人らに「ザンジバル」と呼ばれた風貌が妙に記憶に残っている。
 良くも悪くも、PDAと呼ばれる端末が廃れ、BrackberryやiPhoneをきっかけにスマートフォンという言葉とともに復活し、ハードウェアキーボード内蔵よりもタッチ操作前提のソフトウェアキーボード端末だらけになってしまった。
 何が言いたいのかというと、冒険したくないのか、右に倣えになっているのか、スレート型スマートフォンだらけになって特色を出せずに苦戦している端末メーカーは、もう一度キーボード付き端末を頑張ればいいと思うんですよ。
 文字入力がフリック入力よりも早くなる要素があるとしたら、もうハードウェアキーボード内蔵しかないと思うのです。 出先でテキストメモを取るのに、BlackBerry Passportじゃないが胸ポケットに入る縦型端末にキーボードを付けて欲しいんです。 ソフトウェアキーボードが画面の半分以上を占めるようなのはダメなんです。
 なんていうか、特色出したいなら、同じように見えてしまうハードウェア構成こそ止めるべきだと思います。 ニッチ向けでも上等です。 全世界で売れなくてもいいじゃないですか。 特定の人種や業種にしか受けないかもしれないけど、作ってほしいんです。