読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

ダイハツ・ミラ・イースについてあれこれ書き出してみる(冬道編)

 元はダイハツ・ムーヴ・カスタム(3代目)に乗っていて10万キロ目前で事故で潰し、急遽確保したのが2014年7月の改良されたモデルらしいダイハツ・ミラ・イース
 グレードはLf、下から2番めのグレードだけど4WD、スマアシはつけず。 装備を欲張らずに120万円程度に抑えられた。
 年末に納車され、先日3,300キロを超えたくらい。

加速は悪くなった、非力な感じがつらい

 前はターボ車、今はノンターボ。 それだけじゃない物足りなさがある。
 エコカーなので、燃費に響くアクセルのふかし方をすると、メーター類が水色に光り、燃費が良い運転だと緑に光る。 水色に光らないよう気をつけて走る事自体がややストレスが溜まるのだが、じわじわ様子をうかがいながら加速すると、先行するクルマから簡単に離されてしまうくらい加速が悪い。 DからSに落とせば加速するけど、エンジン音も響くし不経済だし、そこまでして加速したくない。
 軽い上り坂でもみるみるスピードが落ちる感じがする。 跨線橋を登るときはがっかりするくらいに40キロ台に落ちる。
 街乗り専用っていうか平地専用って気がしてくる。
 50キロを超えたあたりからは多少踏み込んでも簡単には水色にならないし、頑張れば100キロくらいも出せるけど、単線の高速道路はノロノロ運転していると思われるんだろうな。
【追記:2/21】時速20キロになるまでのアクセルペダルの踏み方次第で、セカンドのまま高回転で駆動して加速するケースと、サードに入ってのろのろ加速するケースがあるようだ。 この踏み分け方がイマイチわからないため、ついついゆっくり3速加速になってしまうようだ。 コツを知りたい。

その分、燃費はたしかにいい

 前はリッター15キロを維持するのが難しくたまに14キロ台になることもあったのだけど、今ミラ・イースでなら冬道でも17キロは堅い。
 凍結路でない、タイヤが十分グリップする道路状態だと22キロ程度にはなるので、夏タイヤになればもっと伸びる可能性もある。
 以前よりはガソリン価格がおとなしくなってきたとはいえ、根本的に燃費の良い車は経済的にはすごく助かる。

アイドリングストップ「エコアイドル」はびみょう

 信号待ちで停止しようとするときに、私の運転の癖としては制動距離を長めにとってブレーキは早めにうっすら減速させるため、時速10キロを切ったらエンジンが止まるという場面になかなか遭遇しない。 もう少しきつくブレーキを踏み込まないと、時速10キロ切りは発動しないらしい。
 稀に発動すると、停止しようとしたかなり手前でエンジンが切れ、目標地点までの推進力が無くなり、結果かなり手前でクルマが停止してしまう。 もうちょっと車間距離を詰めて停車したいのにだらしなく距離が空いてしまって、詰めるためにブレーキを解除してエンジン始動させ数メートル前進して静止するとエコアイドルが再度発動してエンジンは止まる。
 冬場は扱いが難しいかもしれない。
 アイドル時からの再発進がワンテンポ遅れるのもツラい。 短期間三菱ekワゴンに乗った時はアイドルからの復帰時にすぐ動力が繋がる感じがして不安がなかったのだが、ミラ・イースだとエンジン始動しても一瞬まだ動力がつながってないタイミングがあるので、発進を慌て急いではいけない。

乗れなくはないけど空間的にやや狭い

 ムーヴの時の感覚のままミラ・イースの運転席に座ると、頭のすぐ上に屋根があるような圧迫感や、ルームミラーがやけに近くて大きく感じられる圧迫感を感じてしまう。
 天井の低さを考慮して、シートをやや後ろに倒しつつ、足元が窮屈にならない程度にシートを前に出すことで、頭の上の空間を確保して圧迫感を軽減させることにした。

エアコンはマニュアル(ダイヤル式)

 古臭く感じるけど、短期間三菱ekワゴンに乗った時や短期間最新ムーヴに乗った時にフルオートエアコン車で、デフロスターを動かすと勝手ににA/Cもセットでオンになるのが煩わしかった。 マニュアルで全然いいと思っている。

アクセルオフで充電される

 空走させるのに完全にアクセルオフにしてしまうと発電機を回してしまうようで、CHARGEアニメーションがぐるぐる回る。 なので、空走させるのに軽くでもアクセルを踏んでおく必要がある。
 凍結路を走行するときに軽い減速のためにブレーキを踏むのが怖い場面があるのだが、アクセルオフにしておくことで発電機に動力が回されることでエンジンブレーキと同様になり、安全にスピードを落としてくれる。 エンジンブレーキ代わりにアクセルオフする習慣がついた。

オーディオはカーナビレスなのでショボショボ

 iPhone 6 Plusの音をAUX端子向けマイク付きオーディオケーブルでつないでいるが、(前のムーヴよりも)音が悪くて泣ける。 経済的に余裕が出てきたらまっさきにオーディオを弄りたい。
 そもそもミラ・イースは遮音性はそんなに良くない。 エンジン音やタイヤの走行音も結構聞こえてくる。 エンジン音に関しては早めのオイル交換で対策して、タイヤの方は冬はしょうがないかなと。

ダッシュボードがまっ平らではないため、スマホの設置に困る

 ダッシュボード上に何か者を置くと視界を邪魔してしまうのがつらい。 ダッシュボードに吸盤固定するタイプは結局なだらかなカーブがあるために接着できず、エアコン吹出口を利用するタイプで視界を邪魔しないように設置したいところ。
 今のところ助手席にiPhone 6 Plusを放置している。 運転中は見たくても見られない。

長距離運転は厳しいな

 新車の匂いがまだまだ抜けないため、自分の運転で車酔いしてしまう。
 腕力や握力が弱いため、ステアリングを握りやすくするためにカバーをかけるかどうか考え中。