読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

活動量計をオムロン製のに新調しました

健康管理

 これまでjawbone UP24を使ってきましたがバッテリーが保たなくなり実用性に乏しくなったため、交換品もなかなか届かないことから別の活動量計を試すことにしました。
 「オムロン 活動量計 カロリスキャン HJA-403C ホワイト」はオムロンヘルスケア社製の活動量計で、ウェルネスリンクというオムロンヘルスケア製品群のクラウドデータ管理サービスと連携する製品です。 およそ4千5百円ですが、ヨドバシ・ドット・コムなら4千円でした。

初期設定に困りましたが自力解決出来ました

 説明書が簡単なものしか付属せず、詳しくはHJA-403Cの製品紹介ページに公開されているものをダウンロードしてくださいとなっています。
 iPhone 6 Plusに「からだグラフ」というアプリを追加して、アプリが示すとおりにHJA-403Cを操作すれば良かったのですが、途中新規に設定するか既に設定済みなのかを選ぶところで新規設定を選んでもその先になかなか進まず、結局既に設定済みの方を使って設定しました。

そういえばねむり時間計 HSL-002C も持ってます

 ねむり時間計 HSL-002Cも持っていてウェルネスリンク対応なので、「からだグラフ」アプリ内から毎日の睡眠時間もチェックできます。
 詳しい睡眠の状況は本家のアプリ「ねむり体内時計」の方が、寝付き時間や起床にかかった時間など細かく見られますが、一日の出来事のメモも含めて「からだグラフ」と「ねむり体内時計」が測定データを共有しているのがよくわかります。

こうなると体重体組成計 HBF-254Cも欲しくなる

 もちろん、「体重体組成計 HBF-254C」などの、ウェルネスリンク対応の体重体組成計も追加すれば、より細かくからだをチェックできるようになるわけです。 上腕式血圧計もウェルネスリンク対応のがあるので、血圧が気になる人にもおすすめ。
 今までそれぞれがバラバラで、特に体重体組成計で測定したデータはその時しか見られないと飽きてしまうため、ウェルネスリンク対応でスマホ上でチェックできるとなると楽ですよね。
 なお、「からだグラフ」アプリ内で手入力で測定データを入力・管理することもできるので、すぐにウェルネスリンク対応機器を揃えられなくても手入力でチェックできますね。

「からだグラフ」アプリの使い勝手

 jawbone UP24だと不定期に通信して測定データを吸い上げていましたが、オムロンヘルスケア製品群は手動操作にて通信をかけます。 製品コンセプトの違いでしょうね。
 「からだグラフ」アプリの基本は、8項目の指標ごとに横軸に日付を取ったグラフを見るものです。

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 骨格筋率
  • 歩数
  • 早歩き歩数
  • 階段上り歩数
  • 総消費カロリー
  • 睡眠時間

 また、手入力で測定データを登録でき、反映させることが出来ます。

  • 体重・体脂肪率・骨格筋率
  • 歩数・総消費カロリー
  • 睡眠時間

 古めの体重体組成計を持っているので、測定したらこれに登録していけばいいのかな。
 歩数を手入力するときは、さすがに早歩き歩数や階段登り歩数は入力できません。
 グラフは2週間程度しか見えませんが、横スクロールさせてさかのぼって表示することもできちゃいます。
 いいなと思うのは、「余計なお世話」がないことです。 シンプルにグラフや数値を表示するのみで、口やかましいアドバイスはないのが良い。 だって、運動不足は自分でわかってるわけで、必要十分にグラフを表示しているだけでいいんです。

活動量計 HJA-403Cの単体の使い勝手も良い

 意外と小さく収まっていて、ポケットに入れていても邪魔にならないのが良いです。
 普段は表示がオフになっているので、なにかボタンを押すと表示が回復します。
 右側の端に、今日の達成度がグラフで表示されるのが良いです。 運動強度の強い運動をしたところがより太く表示されたりするので、一日の運動を振り返るのにもわかりやすいです。
 歩数表示の時に手で弄んでみても、歩数が進んだりはしません。 これは測定精度が高いかもしれない。 車の運転も何かの運動だと思われたりしたら意味無いですもんね。
 まだ使い始めで他の製品との比較はできていませんが、これからが楽しみです。