読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

エプソンのプリンター カラリオ EP-707A がすごいと思う3点、こりゃぁオススメだ

EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-707A

EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-707A

 簡単に説明すると、A4サイズまで対応するカラー印刷できるインクジェット複合機です。 アンダー1万円クラスのなかでA4対応カラー印刷インクジェット複合機は他社さんも頑張っているのですが、なぜエプソンのカラリオ EP-707Aなのか、注目するポイントを3つまとめます。

上位機と同等の6色染料インクを使うため写真印刷がきれい

 他社さんは4色インクのところ、カラリオ EP-707Aは6色です。 マゼンタとシアンに対して彩度を落としたライトマゼンタとライトシアンを加えた6色インクを使います。 昔の型番PMシリーズの時代から続いている伝統的な方法です。
 それと、インクは6色それぞれ独立タンクなので、足りない色のインクカートリッジだけ交換するのは経済的です。 他社プリンターではブラックとカラーの2タンク式だったりして、他のカラーが残っていてもカートリッジ交換が必要になり不経済です。
 印刷方式/最高解像度は「MACH方式/5760×1440dpi」であり、この秋の新モデル最上位である「EP-10VA」でも同じなんです。
 印刷速度も上位機とほとんど変わりなし。 カラリオ EP-707AはA4写真用紙<光沢>にて約1分07秒。 写真でよく使うL判は約19秒とのこと。 特別遅いわけではないです。

無線LAN対応でスマホ・タブレットから印刷できる

 カラリオ EP-707Aは価格が安くても無線LAN対応しています。 Epson iPrintアプリを使ってiOS端末でもAndroid端末でも印刷できます。 メールやLINEで送られてきた写真を印刷したり出来ますね。
 当然パソコンとの接続もカラリオ EP-707Aなら無線LAN経由で出来ます。 USBケーブルの届く範囲に縛られないのは嬉しいです。

うっかりミス防止の工夫もある

 カラリオ EP-707Aスタンダードモデルであってもうっかりミス防止の工夫があります。
 セットしてある用紙種類の登録をすることで、用紙サイズ違いの印刷時には警告表示されます。 センサーでの二重チェックもあるので登録ミスも防げそう。
 コピーを取る前にプレビューできます。 縦横を間違ったりせず事前に確認できるのは嬉しいです。

カラリオ EP-707Aと上位機との差は一体何か

 カラリオ EP-707Aはスタンダードモデルであっても、残念に思える部分が少ないです。
 小さいながらも液晶モニターつきでわかりやすく作ってあります。 上位機なら液晶サイズが大きくなって見やすくなります。
 給紙トレイが前面トレイ1段のみになっていますが、上位機は複数の給紙パターンが出来て便利です。 でも日頃からいろんな用紙サイズで印刷しているのであれば上位機をおすすめしますが、年末くらいしか活躍する機会がないのであればシンプルな構造で安価なスタンダードモデルであるカラリオ EP-707Aは最適です。
 上位機になればもう少し印刷速度が向上しますが、L判約19秒→約13秒になるくらいでカラリオ EP-707Aは大して遅いわけじゃありません。 数十枚数百枚印刷するのであればその差は地味に効いてくるのですが、数枚程度なら影響は小さいです。
 上位機であれば自動両面印刷機構がついていたりします。 あれば確かに便利ですが、両面印刷を使う場面が少なければなくても構わないですし、印刷時の手作業による工夫で両面に印刷させることは出来ます。
 上位機なら、プリンター単体での印刷便利機能がより充実します。 背景色を消したコピーや、色褪せた写真を復元したり、雑誌のコピーを取るにしてもページを分けて印刷したりも出来ます。 そこまで必要じゃないならスタンダードモデルで十分ということです。
 最上位機である「EP-10VA」になると、6色インクでもライトマゼンタやライトシアンがなくなってレッドとグレイが加わった新しい6色インクでの印刷になります。 赤の再現度が向上して一段と見栄えのある写真になるはずですが、そこまでの写真品質に拘りがなければ5万円の機種でなくても1万円以下のカラリオ EP-707Aで十分綺麗に印刷できます。
 A3印刷も欲しい時がありますね、でも3万円くらいもするんならまだ様子見かなぁと思えます。 A3印刷が必要なら間違いなく上位機で決まりです。
 プリンターの性能が、上位機で取り入れられた技術が枯れてきてスタンダードモデルにまで十分浸透してきている今こそ、カラリオ EP-707Aは買いではないでしょうか。

【追記:2016/2/22】Amazonだと1万2千円超えになってる

 さすがに旧機種は市場から消えてしまうのも早くて、「EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-708A」しかないかもしれません。 1万3千円くらいでしょうか。
 幸いにも、「カラリオ キャッシュバックキャンペーン!」で2千円戻ってくる対象製品なので、探して旧機種EP-707Aにしなくても、新機種EP-708Aでいいんじゃないかと思います。

【追記:2016/12/27】EP-707AもEP-708Aも割高になってしまったため、今のおすすめはEP-709A

 この記事で取り上げたEP-707AもEP-708Aも市場からなくなり、現行最新機種はカラリオEP-709Aとなります。
 現時点でAmazon価格¥10,566となってます。 スマホからの印刷にも対応している6色印刷のベーシックモデルとしてこのラインは健在のようです。 L判印刷約17秒に改善されています。