読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

テレビにHDDを繋いで番組録画しよう、その傾向と対策、2016冬~2017春

最近のテレビには、簡易録画機能が入っています

 パナソニックのDIGAには「裏番組録画」、ソニーのBRAVIAには「外付けHDD裏番組録画」、東芝のREGZAには「BSも地デジも3チューナーW録」、シャープのAQUOSには「裏番組録画」といった名称で、共通してUSB接続外付けHDDを繋いで録画できる機能が入っています。
 テレビ視聴用チューナーのセット(BS/CSと地デジ)が複数入っていて、視聴している番組と別チャンネルを別チューナーで外付けHDDに録画できる仕組みです。
 テレビの仕様を確認すると、例えば内蔵するチューナーのセットが一組しか入っていないものがあったりするので必ず2セット以上入っていて裏番組録画可能な機種を選びましょう

テレビに組み合わせる外付けHDDの選び方も大事

 USB接続外付けHDDはパソコン用に安い製品があるので安易に選びがちですが、適当に選んでしまうと相性問題に悩まされて結局買い直すハメになることもあるので注意が必要です。 例えば私の体験事例として「ブラビアのUSB接続HDD録画機能は、録画チャンネルを選ぶのではなく、HDDを選ぶらしい(再改題済)」なんてことがあります。
 テレビメーカーのホームページで動作確認済HDDとして掲載されていれば安心ですが、HDDメーカーのホームページ上で動作確認済であれば問題ないです。 BUFFALOさんでは「テレビ・チューナー・レコーダー用ハードディスク対応検索」というページを公開していたり、アイ・オー・データ機器さんでは「デジタル家電対応商品検索システムPIO」というページを公開していたり、ELECOMさんでは「薄型テレビ対応表」というページを公開しています。 メーカー、モデル型番などを入力すればすぐに分かるようになっています。
 相性問題に引っかかると、録画設定してもちゃんと録画されずエラー報告されたりします。

でも、あくまで簡易録画機能なので

 テレビの番組表機能の中で録画予約を仕掛ければ録画してくれます。 しかし、録画専用機であるブルーレイレコーダーなどの機能には及ばないよう差がつけられていたりします。
 例えば、繰り返し録画に弱いです。 繰り返し録画を設定できなくもないのですが、うちのBRAVIA W700Bシリーズの場合チャンネルと曜日と時間だけ覚えて番組名で追従しなくて困ります。 週ごとに放送開始時刻が前後するケースに対応できません。
 また、放送波に乗っているMPEG2-TSデータをほぼそのまま(圧縮することなく)記録するため、HDD容量をケチると簡単にパンクします。 ソニーのBRAVIAの場合は1TBのHDDに録画する場合にBS/CS放送を約88時間分、地デジなら約124時間分だそうです。 パナソニックのDIGAの場合は1TBのHDDに録画する場合にBS/CS放送を約86時間分、地デジなら約121時間分だそうです。 今なら3TBや4TBなどの大容量HDDにも対応していたりするので、予算が許す限り(動作保証されている範囲内で)大容量の方を選んでおくと良いと思います。 あるいは、マメに録画データを削除して整理する必要があります。 (削除機能が貧弱で消し込む作業が面倒な機種もありますからね。)
 そして、簡易録画機能なので、改めてBDやDVDにダビング出来なかったりします。 長期保存したい番組であれば、ちゃんとブルーレイレコーダーなどを用意する必要があります。

メーカーごとの機能の差別化に注目

 東芝REGZAの「V30シリーズ」の場合、チューナーセットが3組入っていて、裏番組を同時に2つ録画できる機能が入っています。 年末年始の番組録画が捗りそう。 「簡単連ドラ予約」機能で、毎週放送される番組を追いかけて録画することができて、開始時間がずれたり拡大放送で時間が長くなっても大丈夫だそうです。 「おまかせ録画」で《好きな芸能人の名前や、話題の番組、ジャンル》に即したテーマで自動録画してくれるそうです。 ブルーレイレコーダーに入ってそうな録画便利機能が備わっていて心強そうです。
 シャープAQUOSの「W35ライン」の場合、長時間録画機能対応HDD(ほぼほぼBUFFALO製)と組み合わせることで、《BSデジタル放送で4倍録画、地上デジタル放送で3倍録画》が可能になっています。 放送波に乗っているMPEG2-TSデータを圧縮して記録してくれるようです。 ジャンルやキーワードを予め設定しておくことで番組を自動検索して録画してくれる機能も備わっています。

まとめ

 今回改めて各社の機能を調べてみて、とくに東芝REGZAはブルーレイレコーダーのお株を奪いかねないほど便利録画機能が進んでいて、ソニーBRAVIAユーザーとしてはちょっと羨ましく思いました。
 今なら、Amazonで「期間限定10%OFF バッファロー 録画用HDDがお買い得」というキャンペーンを12月25日までやっているので、録画機能を試してみたいと思う人はチェックしてみてください。
amzn.to