読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

《arrows M02購入レビュー》iPhone 6 Plus持ちが、arrows M02を使い始めた件

Androidやおサイフケータイやarrows M02

 富士通 arrows M02 というSIMフリースマートフォンを入手しましたので、まずは一報をご覧ください。 Google Nexus 5以来のAndroidスマートフォンです。

きっかけは、モバイルルーターを壊したこと

 デジモノステーション2016年2月号の付録のSIMを、NEC Aterm MR03LNというモバイルルーターで使おうと、nanoSIM→microSIM変換アダプターにはめ込んで差し込んだ時にしっかりハマっていなかったらしく、SIMスロット内の端子にSIM変換アダプターが引っかかって取れなくなってしまったのです。
 強引にSIM変換アダプターを引き抜いたら、SIMスロット内の端子がめくれてしまい、それを直そうとしたら一部折れてしまったという始末。
 修理してもらえるのだろうかと問い合わせるも、新品交換のため定価なみの費用がかかりますよとカスタマーサポートの方に言われ凹み、途方に暮れていました。
 「じゃぁ、新しい端末を手に入れるか?」という悪魔のささやきが聞こえたのかもしれません。

・現在の状態(症状) 
→nanoSIMをSIMアダプターを付けて差し込んだ時に引っかかり、
 強引に引き抜いたらSIMスロット内端子が裏返ったり折れたりしました。

→修理したい

A:(ご質問への回答)
お客様のお取扱いによる破損となりますので、経験的に有料修理での
機器交換修理となります。 このため購入価格相当となるために
新機種 MR04LNなどを 購入されるケースが多いようです。

 それ、修理じゃないやん? 強制的に新品を売りつけてるやん? って不満が強く残ったので、以後Aterm製品は検討除外することにします。

arrows M02のいいところ

 カタログスペック上で魅力的だなと感じたポイントを纏めます。

  • やや小さめ(iPhone 6 Plus比)なこと。
  • 防水防塵仕様、炎天下でも寒冷地でも動いてくれそうなこと。
  • SIMフリー端末だけどおサイフケータイ対応なこと&決定直前のニュースでモバイルSuica対応したこと。
  • docomo系SIMだけじゃなく、au系SIM対応なこと。
  • バッテリーの持ちとか一定の工夫をこらしていること。(ないよりはあったほうがいいし。)
  • ストラップホールがあるので、追々ネックストラップで活用しよう。

arrows M02を手にして

 SIM(nanoSIM)とSD(microSDHC)をセットするとき、大変緊張しました。 本体裏面にわざわざ説明を記載したシールが貼ってあって、指定の箇所のフタを開けて、SIMとSDをセットする「トレイ」を一旦取り出して向きを確認しながらセットして元の場所に戻してフタをします。 背面がまるごとフタになっていて外せるものだろうと思い込んでいたので意外でした。 端末内部にアクセスできるところがほとんどなくフタも小さめなため、防水防塵性能を確保できているんでしょうね。
 画面が(筐体が)小さいのに見やすい! 液晶パネルじゃなく有機ELパネルなので発色が鮮やかに見えます。
 買ってから気づいたけど、ブルーライトカット機能があって表示がアンバー系にホワイトバランスが変わるところが面白いです。 年齢に応じた見やすさにコントラストを調整する機能も備わってるのも変わってるなぁと感心します。
 画面が小さくても、文字の大きさは普通なので、文字情報的には少なく感じます。 フォントサイズを「小」にすることで少し情報量は増えますが、老眼が始まりかけということもあって見づらく感じたため、残念ながら「中」に戻しました。
 通知パネルに配置されている機能として面白いのが、「手袋タッチ」「Miracast」「マルチコネクション」とか。 「手袋タッチ」は直接手で触れなくても操作できちゃうものらしく、冬に活躍しそう。 「Miracast」はarrows M02の画面と音声を対応しているテレビに送信するもので、うちのBRAVIA KDL-32W700Bは対応してました。 「マルチコネクション」は、Wi-FiLTEを同時に使って高速にダウンロードできる機能らしいですが、SIMが「0 SIM」なのでLTEはまだ使わないようにしています。
 今時の端末にしては珍しく、充電台が付属します。 帰宅してザクっと充電台にセットするだけでいいのはとても楽。 microUSB端子はパッキン付きのフタで塞いであるため、ケーブルを直接つなぐのは億劫ですから。

arrows M02のケース、保護フィルムなど

 入手に合わせて、「レイ・アウト arrows M02/RM02 ハードケース クリア RT-ARM2C3/CM」や「MoKo docomo ARROWS Fit F-01H 5インチ用強化ガラスフィルム 液晶保護フィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D ラウンドエッジ加工」や「【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400× (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1PE (FFP)」も合わせてあります。
 レイ・アウト製ハードケースについては、arrows M02専用設計のため背面に余計な穴がないのが好印象なのですが、つるつるのポリカーボネイト製のため滑りやすく、かえって落としそうで怖いです。 側面に何か滑り止めになりそうなものを貼り付けたい気がします。