読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

Jawbone UP Move with Strapを一週間ほど使ってみて

健康管理

 エントリーモデルともいうべきスマホ連携活動量計Jawbone UP Move with Strap」ですが、その後の気付きも含めて感想をまとめます。

起床時のスマートアラームがないのは寂しい

 UP24のバッテリーが狂って3日くらいしか持たなくなったため(しかも同じ症状で一度交換している)やむを得ず「Jawbone UP Move with Strap」に乗り換えたわけですが、機能が省かれている一つとして「Smart Alarm」という朝方に睡眠が浅いタイミングを見計らって振動で知らせてくれる機能が無いのが寂しいです。
 並行して使っているオムロンヘルスケアの眠り時間計で音で知らせてくれるのですが、やっぱり振動の方が気づきやすいし、UP24にはスヌーズ機能もあって遅刻しづらかったです。
 「Jawbone UP Move with Strap」に変えてからその眠り時間計のセットすら忘れてしまうことも多々あり、朝の支度が遅れて慌てることが増えました。

自動で睡眠時間帯を判定する機能も省かれている

 「Jawbone UP Move with Strap」でも睡眠の記録はできます。 しかし、「寝るぞ」と睡眠開始の操作をし忘れるとUPアプリでは23時30分〜6時30分が既定値として表示される状況です。 早めに寝ても遅く寝てもとりあえずこの時間帯が表示され、手動で日時を調整して登録している状況です。
 寝酒が入ったりすると、勝手に朝になっていることが多くて、部屋の照明も冷房もつけっぱなしだったりするのですが、当然そういう時は記録は手動登録しなければなりません。
 ・・換えてから生活がだらしなくなってる気がしてならない。 (きっと夏のせい。)

クリップ留はデスクワークの人におすすめ

 UP24だと手首に分厚いブレスレットが付いたままで生活する必要があり、キーボードにパームレストを組み合わせてタイピングしている仕事中にはしょっちゅうパームレストにぶつけていたので、故障の一因になったかもしれません。
 「Jawbone UP Move with Strap」の場合バンド部分は電子部品が仕込まれていないシンプルなバンドなので薄くて邪魔になりにくいです。 長さ調整もできるため便利です。
 加えてクリップ留を使うと、手首周りを完全にフリーにできます。 ブレスレットやバンドのために日焼けせずに白くなるのを、クリップ留に替えることで防げます。

時刻表示はなにげにうれしい

 5分刻みでしか表示できませんが、フェイスをツークリックすると現在時刻がわかります。 スマホで何か全画面表示することをしていると時刻を忘れることがあって、そういうときに助かります。