読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

Radish Network Speed TestingとJavaアプレットの話

パソコンやネット

 Radish Network Speed Testingさんは、ネット接続の速度と安定度を評価できるサイトの一つです。 Ver. 3.2.2ではJavaアプレットを使って測定を行います。
 しかし、久々にやってみようとしたらドハマリしてしまったので、同じような人を出さないためにメモを残しておきます。

Firefox 64bit版ではJavaアプレットは動作しない

 アドオンマネージャの画面を見てもらえればわかりますが、Windows 64bit版向けJavaランタイムをインストールしてもアドオンのリストにはJavaは追加されません。
 元々、Javaアプレットを起動する仕組みにNPAPIという古いものを使っていて、webブラウザのパフォーマンスに影響があるために「もう使うのをやめようよ」という話がJava プラグイン利用ガイドにまとめられていました。
 そのため、いつまで経っても「測定開始」ボタンは表示されず空洞のまま。
f:id:m6u:20170201183613p:plain
 うっかりFirefoxを64bit版に入れ替えてしまったために、Javaアプレットが起動できないことにショックを受けました。 32bit版よりも軽快に動いて気に入っているので、今更32bit版には戻せない。 悔しい、悔しいので、使うwebブラウザを変えます。

ならばInternet Explorerだ

 幸いにもInternet Explorer 11(以後IE11)がWindows 7には備わっているため、こちらにURLを直打ち(Firefoxからコピペ)して実行しようとしたら、セキュリティーの警告画面が表示されます。

Javaコントロールパネルで例外サイトに指定する必要がある

f:id:m6u:20170201182554p:plain
 測定ページのURL(http://netspeed-tokyo.studio-radish.com/speedtest.html)だけ追加しても、Javaアプレットのダウンロード先が別ドメインのサイトになっているため、簡単に弾かれてしまいます。
 そのため、参照する可能性のあるjarファイルを予測して、1~9まで設定してみました。
 Javaコントロールパネルで設定変更したらIE11も一旦閉じて、再度測定サイトにアクセスし直します。 これに気づかず、設定を何度も書き加えてもセキュリティーの警告画面が何度も表示されたりします。
 なお、この設定例画像ではnetspeed.jarまでのフルパスで記述していますが、たぶんホスト名が分かる部分まででも大丈夫だと思います、試してないけど。

現在JavaScript版をベータテスト中

 Version 5 東京 β版というサイトが公開されていて、Javaアプレットの他にJavaScriptが選べるようになっています。 これでIE11が入っていないWindows 10やJavaアプレットが起動しない64bit版webブラウザでも測定できます。