読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

個人情報を塗りつぶす「コロレッタ」を試してみた

簡単手軽な個人情報保護ツールの一つ、コロコロケシコロ

 近所の文房具店で見つけて試してみようってことで買いました。
 業務上で宛名ラベルを印刷したときに何かの設定ミスでミシン目をまたぐ印刷をしてしまって使えないことになり、今まではカッターで切り刻んでいました(シュレッダーにかけるとシール素材なので痛めてしまうため)が、ふとこういう商品があったことを思い出して手軽に個人情報を保護できると自腹で買ったんです。

プラスチック筐体が華奢な印象

 使い始めてすぐ、あーこれ家庭向けだわって思いました。
 一度に大量にコロコロ塗りつぶすのには向かない、プラスチック製特有の剛性のなさがちょっと嫌でした。
 それでもクッション性があるので、ちょっとしたでこぼこでも塗りつぶせる感じではあるので、家庭用には必要十分かなとは思います。

一度に大量に使うと、インクのヘタリが早い

 最初の使い始めは本当に調子良かったです。 インクの出が良くてしっかり濃密に黒く塗りつぶしてくれるのは良い感じです。
 ベタに黒塗りするのではなく、文字と認識できないへんてこなパターン(空想世界の文字や記号みたいな感じ)で塗りつぶすので、ラベル紙にレーザープリンターで印刷した文字を認識できない感じは良かったです。
 しかし、やはり何度も何度も塗りつぶしてくるとインクの出が悪くなって真っ黒ではなく灰色がかって薄くなってきます。
 少し休ませたらすぐ復活するかなと思ったらなかなか復活しないので、今度は二度塗りするようにしてちゃんと文字が隠れるのを確認しながらの塗りつぶし作業になりました。 ・・手間が増える。
 満足がいく濃さに戻るのに結構時間がしっかりかかりますね。 空気が乾燥して肌寒い時期にやったので、回復に時間がかかったのかもしれません。
f:id:m6u:20170414115227j:plain
 雪が解けた今なら元の濃さに戻ってきた気がします。 試しに転がしてみただけですけど。
 多少太い文字の印刷でも、このデタラメなパターンに紛れて判読できなくなります。

使い方のコツ:しっかり押し付けてから転がすこと

 転がすローラーが半周してからしっかり黒くなるので、転がし初めの2センチ位は必ず薄いです。
 でも、押し付ける圧力が薄いまま転がすと、インクの転写が不十分になって灰色になってしまいます。
 しっかり押し付けながら転がす必要があります。 気分はロボットのように、しっかり押し付けてから転がし、止めるまで押し付ける圧力を抜かないのがコツかなと。

希望を言えば:業務用にタフな使用に耐えるものがほしい

 金額が書いてある帳簿や、DM発送用ラベルなど、特定の業務ではこういうのがすごく重宝するわけですが、インクの回復に時間がかかるのはちょっと困るかな。
 シール素材でなければ、業務用シュレッダーのほうが扱いが簡単なのでそっちはそれです。
 シュレッダーは避けたいものの場合、あるいはシュレッダーに掛けられないものの場合に、コロレッタみたいなのは重宝するのでもっとタフなインクロールにしてほしいかな。 耐久性も上げてほしいし。