読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

2016年分の確定申告、期限ギリギリになりそう→ギリギリ提出しました

仕訳帳を作るのが一番重たい

 夏休みの宿題を始業式の1週間前くらいからやり始めるタイプのわたしなので、確定申告は苦手中の苦手だったりします。
 少しでも楽をしようと確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を導入したのは2015年の頭だった気がします。 プレミアムプランを申し込んで自動仕訳ルールを使って少しでも楽をしようという魂胆です。
 クレジットカードのデータ連携と、メイン銀行口座のオンラインバンクデータ連携を加えて、2016年はバッチリデータを拾えてました。
 いつの間にか、電子マネー決済の情報も拾えるようになっていて、2017年に入ってからデータ連携を設定してみたものの、数ヶ月しか履歴を遡れず困ったもんだなと。 でも、楽天EdyもWAONもSuicaもごくごくプライベートな支出ばかりなので、追えない履歴の分も含めて全部「対象外」にしちゃいました。
 少しは簿記の勉強でもしようかと思って簿記3級のテキストを買ったりもしていましたが、買ってそのまま安心しちゃいました。
 2015年は「MFクラウド確定申告」の勝手がわからず、仕訳帳を作りきれないと判断して、白色申告ということもあり3月に入ってから前年の例を踏襲してExcelで簡易帳簿を作って乗り切りました。
 でも2016年はなんとかやりきりたいと考え、2月から仕訳帳づくりを頑張りました。 土日の多くの時間を費やしてやっと大体形になりました。

現金支払いした支出の存在を忘れる

 銀行やクレジットカード経由の支出はなんとかなりましたが、現金支払いしたものはホント忘れてます。
 医療費控除を引き出そうかと思いましたが、前年も10万円を超えなかったし、今年もさらに医者にかかってないので、集計していません。
 「もっとお金を使っているはず、思い出せ」と自分に言い聞かせる感じで、現金支払いで自動車保険の更新をやったのを思い出しました。 仕事でクルマが必要なので、クレジットカードで支払うガソリン代はもちろん計上していて、現金支払いでオイル交換・エレメント交換している分も領収書を見つけて計上しているのに、保険料は忘れるところでした。
 データ連携に頼りすぎるのも良くないなと、今更ですが反省しきりです。

【追記1】うっかり白色申告の書類で提出してしまうミス

 わざわざ平日に休みを取ってバタバタしながら書類を印刷したりして、保存義務がある帳簿類も一応印刷したりしているとプリンターが調子悪くてロスを印刷したりして、紙が不足して近所まで買い出しに走ったりして、余計なことに気を取られて無駄の多い書類まとめでした。
 「去年と同様」という気持ちがあり、でも青色申告の控除ってどこで加わっているんだろうって思いながらも、税務署の窓口では記載内容のチェックはほとんどしてもらえず捺印して提出しただけでした。
 改めて確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」の設定を確認したら、なんと「設定」→「事業所」に白色申告ってなったままでした。 どおりでおかしいはずだ。
f:id:m6u:20170313201208p:plain
 改めて確定申告書Bと青色申告決算書を印刷し直して時間外の収受箱に投函してきましたけどね。 捺印された後の控えを受け取るための、82円切手を貼ってある封筒も一緒に入れてあります。 控えが戻ってくるまでまだまだ心配だよ。
 ところで、2016年分はちゃんと帳簿を仕上げられるかどうか不安だったので、単式簿記にしてあったのでおそらく10万円控除しか受けられないはずなのですが、確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」では複式簿記を扱えるために確定申告書Bでは自動的に65万円控除になってしまいます。 たぶん税務署側から訂正を食らいそうな気がします。 でも、2017年分からは、勝手さえ分かってしまえばおそるるに足らないだろうということで、改めて青色申告承認申請書を複式簿記で提出しました。 2017年分は65万円控除を勝ち取るぞ~。
 ちなみに、青色申告の承認をもらっていても白色申告の書類で提出できるみたいです。 ですが、当然65万円控除も10万円控除も受けられないため、しっかり税金がのしかかってくるはずです。
 この時期、簿記3級くらいはとっとこうかなぁくらい気持ちがエスカレートしてしまうのですが、確定申告が終わるとせっかく買ったテキストをその辺に積んでしまって忘れてしまいます。 事業拡大になりますかねぇ、個人の。

IIJmioの請求内容をチェックしてみた

IIJmio モバイル

 これはある月の請求内容。 基本料金と従量課金とで対象期間が前後しているけどあまり気にしないでおく。 IIJmio モバイル typeDの料金・仕様ページと交互に見るといいかもしれない。

項目 数量 単価 金額
月額基本料(ファミリーシェアプラン) 1 2,560円 2,560円
SMS機能付帯料 2 140円 280円
音声通話機能付帯料 1 700円 700円
Xi通話料 1 20円 20円
みおふぉんダイアル通話料金 1 100円 100円
他社接続サービス通信料 1 250円 250円
ユニバーサルサービス料※ 3 3円 9円
3,919円

 一人で音声通話機能付きのSIMをiPhoneに入れ、SMS対応SIMをAndroidスマホとAndroidタブレットに入れて使っている。
 ほとんど電話しない(古い友人とEメールするくらい)ので、通話料がほとんどかかってない感じ。
 Xi通話料は直接電話している場合で30秒あたり20円という請求。
 みおふぉんダイアル通話料金はIIJmio提供アプリ「みおふぉんダイアル」経由で電話している場合で30秒あたり10円という請求。
 他社接続サービス通信料はナビダイヤルなどの請求らしい。
 基本料金部分で3,549円(ユニバーサルサービス料含む)で3台使って月間10GBまでフルスピードでデータ通信できるという内容。 満足しているが、自宅や職場で光回線にオフロードしているから実際は5GBくらい余らせていたりするのが、なんとなくもったいない気もする。

IIJmioひかり

 さらに付随して、自宅での光回線を抱き合わせているというケース。 IIJmioひかりの料金・仕様ページと交互に見るといいかもしれない。

項目 数量 単価 金額
月額基本料(マンションタイプ) 1 3,960円 3,960円
mio割スタートキャンペーン 1 -450円 -450円
機器レンタル料 1 300円 300円
mio割引プラン減額 1 -600円 -600円

 mio割スタートキャンペーンは光コラボサービスとして立ち上がった際にすぐに申込んだことで得られている特典。
 機器レンタル料はホームゲートウェイ装置を借りている分で、自前でONU(光終端装置)やルーターを用意できればキャンセルできるはず。
 mio割引プラン減額はIIJmioモバイルとIIJmioひかりをセットで契約していることで得られる特典。
 なお、自宅には電話用の回線を引いていないため、IIJmioひかり電話は含んでいない。
 ところで通信速度はどうなのか。 RBBTODAYさんのSPEED TESTを、USB 3.0接続Gigabit Ethernet Adaptor経由のLANケーブル接続で測定してみた。


f:id:m6u:20170218114647p:plain
安さを売りにしている接続プロバイダーよりも十分高速に利用できるし、Playstation 4の場合下り200Mbps以上を誇るらしい。

参考になりましたでしょうか

 IIJmioにかぎらず光コラボをやっているMVNO(いわゆる格安SIM業者)は他にもあるので、うまく使ってコスト削減できるといいですね。

Lightning - USB 3カメラアダプタをiPhoneとUSB-DACを組み合わせるために使う

iOSやiPhoneやApple Pay

f:id:m6u:20170216150234p:plain
 「Lightning - USB 3カメラアダプタ」を結局買ってしまいました。
 いざ使おうとすると、USB端子に接続するスティックタイプUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプENCORE mDSD (Black)の幅の広さが、隣のLightning端子を塞ぎそうに邪魔することが判明し、USB3.0 (5Gbps) 延長ケーブル [ A・オス - A・メス ] 0.2mも追っかけで購入しました。 これで互いがぶつかることなく使えます。
 「Lightning - USB 3カメラアダプタ」自身のiPhone側につながるケーブルが大変短いので、取り回しはちょっと面倒になります。 枕元で使うなら、Lightning専用延長ケーブルが欲しくなってくるかな。 でもLightning端子メス側が不格好すぎるものが多いのでかっこいいのが出たら買うかもしれない、今はひとまず我慢して使うことにします。
 USB-DACを使ってもバッテリー切れの不安なく使えるのはとても気分がいい。 音楽を聞きながらうたた寝してもいいし。 iPhone本体スピーカーから出る音も以前のiPhone 6 Plusと比べたらボリューミーでつよいのですが、音の解像感や広帯域感は圧倒的にUSB-DAC経由のほうが勝ります。 そんな極上な音を聞きながら眠りに落ちると、つい寝坊しがちです。

ケーブル持たずにiPhoneやスマホをいつでも充電できるモバイルバッテリー

Androidやおサイフケータイやarrows M02 iOSやiPhoneやApple Pay

 iPhoneやスマホを持ち歩くようになって、バッテリー切れを起こしがちな人であれば、モバイルバッテリーの必要性を分かってもらえると思います。
 だけど、モバイルバッテリーとケーブルを一緒に持ち歩くのは煩わしい、アイテムを一つでも減らしたいという人はいるのではないでしょうか。
 そんな人に向けた、モバイルバッテリーに充電用ケーブルを内蔵したスマートなものをご紹介します。

 これらの製品は、microUSBコネクタを持つスマホ充電用ケーブルがモバイルバッテリーにくっついており、さらにはLightning端子に変換するアダプターも付属するのです。
 5000mAhの他に10000mAhを誇るモバイルバッテリーもありますので、充電頻度に応じて選べますね。

Radish Network Speed TestingとJavaアプレットの話

パソコンやネット

 Radish Network Speed Testingさんは、ネット接続の速度と安定度を評価できるサイトの一つです。 Ver. 3.2.2ではJavaアプレットを使って測定を行います。
 しかし、久々にやってみようとしたらドハマリしてしまったので、同じような人を出さないためにメモを残しておきます。

Firefox 64bit版ではJavaアプレットは動作しない

 アドオンマネージャの画面を見てもらえればわかりますが、Windows 64bit版向けJavaランタイムをインストールしてもアドオンのリストにはJavaは追加されません。
 元々、Javaアプレットを起動する仕組みにNPAPIという古いものを使っていて、webブラウザのパフォーマンスに影響があるために「もう使うのをやめようよ」という話がJava プラグイン利用ガイドにまとめられていました。
 そのため、いつまで経っても「測定開始」ボタンは表示されず空洞のまま。
f:id:m6u:20170201183613p:plain
 うっかりFirefoxを64bit版に入れ替えてしまったために、Javaアプレットが起動できないことにショックを受けました。 32bit版よりも軽快に動いて気に入っているので、今更32bit版には戻せない。 悔しい、悔しいので、使うwebブラウザを変えます。

ならばInternet Explorerだ

 幸いにもInternet Explorer 11(以後IE11)がWindows 7には備わっているため、こちらにURLを直打ち(Firefoxからコピペ)して実行しようとしたら、セキュリティーの警告画面が表示されます。

Javaコントロールパネルで例外サイトに指定する必要がある

f:id:m6u:20170201182554p:plain
 測定ページのURL(http://netspeed-tokyo.studio-radish.com/speedtest.html)だけ追加しても、Javaアプレットのダウンロード先が別ドメインのサイトになっているため、簡単に弾かれてしまいます。
 そのため、参照する可能性のあるjarファイルを予測して、1~9まで設定してみました。
 Javaコントロールパネルで設定変更したらIE11も一旦閉じて、再度測定サイトにアクセスし直します。 これに気づかず、設定を何度も書き加えてもセキュリティーの警告画面が何度も表示されたりします。
 なお、この設定例画像ではnetspeed.jarまでのフルパスで記述していますが、たぶんホスト名が分かる部分まででも大丈夫だと思います、試してないけど。

現在JavaScript版をベータテスト中

 Version 5 東京 β版というサイトが公開されていて、Javaアプレットの他にJavaScriptが選べるようになっています。 これでIE11が入っていないWindows 10やJavaアプレットが起動しない64bit版webブラウザでも測定できます。

iPhone 7/7 Plus、Apple Watch Series 2がQZSS対応していたなんて!

iOSやiPhoneやApple Pay 地図やカーナビやwaze

iOS 10.2以降、watchOS 3.1.1以降で正式対応になったようです

 「iをありがとう」さんによると、《【ニュース】iPhone 7/7 PlusとApple Watch Series 2が、日本の衛星測位システム QZSS(準天頂衛星システム みちびき)に対応。より正確な位置情報を取得可能に》とのことです。 
 北米系GPSとロシア系GLONASSの他に日本の上空を飛ぶQZSSに対応すると測位精度の向上が期待できます。

小ネタ:iPhoneでWi-Fi活用ジオロケーションサービスを使わない方法(かも?)

 《システムサービスにある「Wi-Fiネットワーク」を切ってもOK?》によると、「設定」から「プライバシー」→「位置情報サービス」と追って画面最下部までスクロールし、「システムサービス」内にある「Wi-Fiネットワーク」の項目をOffにすることで、位置情報の補正にWi-Fi情報を活用しなくなることや、周囲のWi-Fi情報を位置情報を伴ってApple側に送信するのを止めるようになるのだとか。
 Wi-Fi情報をGPS位置情報に絡めて収集し、GPS衛星からの信号が弱くても位置情報をおおよそ割り出すためのジオロケーションサービスは、GoogleやAppleが独自に展開しているのですが、GPSロガーなどたとえGPS衛星からの信号が弱くてもGPS由来の位置情報を正確に記録したいニーズにはこのジオロケーションサービスは邪魔になる時があります。 たとえばWazeに位置情報を記録するときにはなるべくジオロケーションサービスは切っておきたいので、ついに最新iPhoneでも純GPS測位が出来るようになったかと嬉しく思います。
 実際にその「Wi-Fiネットワーク」を切ってみたのですが、切る前とそんなに変わらないように見えます。 しかし、Android端末などにあるGPSドリフトが起きやすくなっている気がします。 位置情報がブレないようにWi-Fiネットワーク情報を活用して補正してしまうのを止めたからなのでしょうか。
 でも、どうなんでしょう、QZSS利用で測位精度が向上した情報をWi-Fiネットワーク情報とともにAppleに送信して活用されれば、ジオロケーションサービスの精度も少しは向上したりするのでしょうか。 iPhone 7/7 Plusユーザーが地元にも増えていけば、いずれは改善があるのかもしれませんがその恩恵をいつ得られるようになるかまではわかりません。

歯ブラシのおすすめ(2017年1月版)

最近のお気に入りは、ライオンの「クリニカアドバンテージ ハブラシ

 比較的長らく指名買いしているのが、「クリニカアドバンテージ ハブラシ」です。
 コンパクトなヘッド、特に先端の厚みが薄いために奥歯の奥までしっかり届く感覚が好きです。
 「コンパクト/やわらかめ/4列」のを愛用してきましたが、最近3列のが出てきたので「コンパクト/やわらかめ/3列」も衝動買してしまいました。

花王の「ピュオーラ ハブラシ」も良いです

ピュオーラハブラシ コンパクトスリム ふつう

ピュオーラハブラシ コンパクトスリム ふつう

 最近見つけたのが、「ピュオーラ ハブラシ」です。
 毛先が凹みがついたカーブ形状になっていて、奥歯を磨くときの接触面積が広く取れそうな気がします。

花王の「ディープクリーン 歯ぐきケアハブラシ ぎっしりプレミアム コンパクト」は気持ちいいんだけど要注意

 「ディープクリーン 歯ぐきケアハブラシ ぎっしりプレミアム コンパクト」を使ったこともあるのですが、奥歯の奥まで入っていく感覚はないものの、極細毛の絨毯のようなやさしい感覚は気持ちよくてメインに使用したりしていました。
 最初は「ヘッド、でかっ!」とびっくりしたものです。 歯に対して縦に使っても、2本分くらいはカバーする幅があるのが特徴です。
 しかし、しばらくしてから歯肉が弱り始めたのを感じました。 歯と歯茎の境目をしっかり磨かずに表面だけ優しく撫でて終わってしまう感じが、特に毛先が開いてきてからひどくなりました。
 結局使うのをやめて捨てて、元の「クリニカアドバンテージ ハブラシ」に戻った次第です。

2千円くらいの電動歯ブラシも使ってます。

 一本の歯ブラシだけに依存せず、日によって時間によって、気分で使う歯ブラシを変えています。
 専門家の意見を聞いているわけじゃないので完全に自己流ですが、毛先が開いた歯ブラシを一度のタイミングで捨てるか、貧乏性でなかなか捨てられないため、購入時期の違う歯ブラシを複数使うことでごまかしているのかもしれません。 (現在歯ブラシだけでも2本、衝動買いで3本、舌専用ブラシも含めると4本になっちゃいます。)
 毛の硬さはやわらかめを選択しています。 歯医者さんでもらってくる歯ブラシは市販の「やわらかめ」よりももっと柔らかかったりします。 やわらかい毛先で歯と歯肉の境目をしっかり磨けていれば、痛めて出血させたりすることはなさそうです。