m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

Firefoxの動作が重いときは、「about:memory」画面で軽く出来ます

Firefoxが64ビット版も出て軽快に動作する、はずが動作が重い気がする

何枚もタブを切り替えながらサイト閲覧などやっていると、いつの間にか動作が重くなってくるMozilla Firefox。
一日中ずっと立ち上げっぱなしのMozilla Firefoxなので、私の使い方だと朝から使い続けて昼くらいから夕方くらいまでにはだいたい動作が重くなってきます。
タブの切替が遅い、リンクをクリックしてもなかなか読み込まない、フォームのボタンの反応が悪い、など明らかに動作がおかしくなってきます。
一旦Firefoxを終了させて立ち上げ直せばもちろん解決するのですが、webシステムのデバッグ中などあまりFirefoxを終了させたくない場合もあります。
そういうときに、拡張機能など組み込まずにできる対策があります。

Firefoxの「about:memory」画面を使う

m6u.hatenablog.jp
過去にも紹介していましたが、動作が重いときはFirefoxのメモリ管理が腐ってきている状況なので、Firefoxの「about:memory」画面を使ってメモリのダイエットをしちゃいましょう。

URL入力欄に「about:memory」と入力する

「about:memory」画面を開きます。 私はブックマークツールバー上に登録していて、いつでも開けるようにしてあります。

「Show memory reports」の「Measure」ボタンをクリックする(任意)

一日中使い続けていたら、こんなにメモリを使っていたようです。 1,413.70 MBとか。
f:id:m6u:20171027104346p:plain

「Free Memory」の「Minimize memory usage」ボタンをクリック

お急ぎの場合はこの動作だけで良いです。 「Minimize memory usage」ボタンをクリックすることで、Firefoxが握っているメモリのうち開放できる部分を手放して軽くなります。
f:id:m6u:20171027104825p:plain

再度「Show memory reports」の「Measure」ボタンをクリックする(任意)

7つタブを開いている(Twitterとか動的に書き換わるコンテンツのタブもメモリを結構使う)とさすがにあまり開放できる部分が少ないですが、今回の場合 1,103.17 MBまで節約できました。
f:id:m6u:20171027104904p:plain
もちろん、見ていないタブもなるべく閉じてから再実行してみると、901.42 MBまで節約できました。
f:id:m6u:20171027105249p:plain
もっと楽にメモリ解放できるアドインがあるので、そういうのでもいいと思います。 でも、アドオンの追加によってメモリ使用量が増加する恐れもあるので注意が必要です。 例えばこういうのがありました:
f:id:m6u:20171027105708p:plain

Huaweiのスマホを急速充電する賢い方法

Huawei独自の急速充電技術(FCP:Fast Charger Protocol)がある

Huawei製のスマホ(Mateシリーズ、Pシリーズ、honorシリーズ、novaシリーズなど)購入時に純正充電器と純正ケーブルを組み合わせることで、Huawei独自の急速充電技術(FCP:Fast Charger Protocol)によって充電時間が短くてもかなり早く充電されるのにびっくりします。
自宅で充電するのに純正充電器&純正ケーブルを使うとして、出先でも充電するのにちょっと困ることがあります。

一般的なUSB Type-C(USB-C)対応バッテリーを使っても、そんなに早く充電されない不都合

m6u.hatenablog.jp
m6u.hatenablog.jp
USB Type-C(USB-C)コネクタを採用していても、Power Delivery規格には準じていないので、5V3A出力できるモバイルバッテリーとケーブルを使って充電させても、今ひとつ充電が早くないのです。 それでも、9V近くに昇圧して2A近く流れてくれれば、多少バッテリー消耗の早いアプリが動作中でも負けることはないのですが。

モバイルバッテリーがFCPに対応してくれればよい

やっと本題です。
Huawei製のスマホ(Mateシリーズ、Pシリーズ、honorシリーズ、novaシリーズなど)向けに、Huawei独自の急速充電技術(FCP:Fast Charger Protocol)に対応したモバイルバッテリーを用意し、対応ケーブルを使えば、純正充電器&ケーブルと同様に急速充電できるはずです。
使っている方のレビューが、こちらにあります:
k-tai.watch.impress.co.jp
注意点は、両方の端子がType-CになっているCCケーブルではなく、下記に紹介するType-AとType-Cのケーブルです。 モバイルバッテリー側にFCP対応のUSBポートを使うことで、急速充電できるようになります。

モバイルバッテリーはTronsmart製品

Tronsmart製モバイルバッテリーの中で、Huawei独自の急速充電技術(FCP:Fast Charger Protocol)に対応した製品が2つあります。
Tronsmart Prestoは10000mAhの容量、Tronsmart Edgeは20000mAhの容量を誇り、どちらもHuawei独自の急速充電技術(FCP:Fast Charger Protocol)に対応します。

薄型テレビの音が嫌いなので、ちゃんとスピーカーを設置してみたら、普通にいい音が出てこりゃ参った

薄型テレビの音が、なんとなく気持ち悪い

うちのテレビは、このブログに何度も出てきている、SONY BRAVIA KDL-32W700B(以後W700Bと略)という、32インチでフルHDの解像度を持つモデルで、独自アプリをダウンロードして映像配信サービスを楽しんだり、USB接続HDDに番組録画が出来たりするテレビです。
このW700Bの音響面について高音質を謳っていて、「Clear Audio+」「Clear Phaseテクノロジー」「S-Forceフロントサラウンド」「ボイスズーム」「ネット動画(低音質)」モード「S-Masterデジタルアンプ」「バスレフボックススピーカー」別売「ワイヤレスサブウーファー」対応、などとなっています。 すごく高性能な感じがします。
でも、実際使ってみてなんとなく音が気持ち悪かったというか、気持ちよくないというか、今ひとつハマらないという印象を持ちました。
画面の大きさが昔のテレビよりも大きくなって、それに伴ってスピーカーを画面の後ろに隠すようになっていますが、どうもこれが良くないんじゃないかと思ってます。
そのせいか、テレビの映像に今ひとつ夢中になれないというか、ゲームをやってもうまくハマれないというか。

対策方法を検討

ヘッドフォンで濃密に堪能する

直接W700Bのヘッドフォン端子にヘッドフォンを繋いで聴くだけでも割りとびっくりします。 直接テレビのスピーカーで聞くのとヘッドフォン経由で聴くのとで、聞こえる音に違いはあります。 感じる気持ち悪さはかなり減ります。
ここで少しだけマニアックさを足しこんで、W700Bに備わる「光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3)」を、DAC兼ヘッドフォンアンプに入力してヘッドホンで聴きます。 うちはTEAC UD-301です。 後継機種のUD-301-SPというのなら入手可能です。 USB接続でパソコンからハイレゾ音源再生ができるだけでなく、iPhone/iPadにLightning - USB 3カメラアダプタなどを使って接続することでiPhone/iPadからハイレゾ音源再生が出来たりもします。 デジタル同軸入力端子やデジタル光入力端子も備えているので、他のオーディオ機器と接続して高品質な音源再生ができたりします。 W700Bの音声をUD-301に入力するとPCM 48kbpsのランプが点灯して音が出ます。 UD-301内でアップスキャン・アップサンプリング処理してさらに鋭さを増しつつ、XLR端子でのバランス出力を使ってヘッドフォンにバランス入力させたりも出来ます。 ホント、UD-301は「できる子」です。
そこまでやってしまうと、ちょっとやりすぎというか大げさ感が出てしまいます。 マニアックに没入したいときはたしかに良いのですが、やっぱりヘッドフォンの装着は煩わしく好きな体勢を取りづらいため、疲れてしまいます。

流行りの、サウンドバー(シアターバー)にすることもできる

例えばソニーなら、サウンドバー/ホームシアターシステムを提案していて、テレビの前に設置するバータイプならもしかしたらいい音になるかもしれません。
サウンドバーには他のメーカーのも俯瞰して、単体で済ませるタイプは比較的安価で、本格的な音を求めるならウーファーユニットと組み合わせるタイプを勧められます。 テレビの入力だけでなく、Bluetooth機能でスマホやタブレットの音声も入力できるタイプもあります。
【価格.com】サウンドバー(シアターバー)」とか見ていると、2万円を切るモデルがあったりして、割りと細長く見える筐体からどんな音が出るのか心配になります。
近所の家電量販店でいくつかサウンドバーを試聴してみたけど感想としては「こういう音を出すのにこんなにお金がかかるの?」ということでしょうか。 サウンドバーってね、無駄なくらいに低域の強調があって、高域も刺さる手前くらいに良く聴こえて、総じて聴き映え(?)はするのですが、誇張が過ぎるとかえって気持ち悪くならないでしょうか。 それをマイルドに調整するのもどうなのかねぇって。

安価にスピーカーとアンプを入れることにした

前置きが長くなりましたが、テレビ用にパッシブスピーカーを入れようと考えました。 素性の良いシンプルな構成のパッシブスピーカーでなるべく安いモデルを選び、ハイレゾとかとんがってないふつうのアンプを入れたら、そこそこ鳴るだろうと。
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ブックシェルフスピーカーあたりを見ながら考えます。
f:id:m6u:20171023123637p:plain
8千円台からパッシブのブックシェルフスピーカーが売っているなんてすごいなぁと気分が盛り上がりまして。
でもアンプがないと鳴らないので探してみると、例えばLepyのアンプが3千円台とかすごいなぁと。 でもちょっと心配だなと考えて、FOSTEX AP05がいいなと。
FOSTEX AP05はポータブルオーディオプレーヤーなどのヘッドフォン端子の音声を増幅して、パッシブスピーカーを駆動できるアンプです。 AmazonでFOSTEX AP05が4,903円だし。
組み合わせたスピーカーは結局ONKYO D-55EXにしました。 Amazonで
ONKYO D-55EXが9,326円だし。 YAMAHA NS-BP200の方がもう少し安いけど、ピアノブラックよりも木目調の暖かみがある方が長く付き合えそうな気がして。 一応D-55EXならハイレゾ音源対応らしいし。

ONKYO D-55EXとFOSTEX AP05をとりあえず設置

FOSTEX AP05の商品ページを見てもらうとわかりますが、5枚目の写真にあるとおりケーブルは最低限の細さです。 ONKYO D-55EXに付属するスピーカーケーブルがしっかり太かったのでこちらを使いました。
ひとまずW700Bのヘッドフォン端子からヘッドフォン延長ケーブル経由でアンプAP05に繋ぎこみ、プラスマイナスに気をつけてそれぞれスピーカーD-55EXに繋ぎました。
スピーカーD-55EXの底四隅に付属のコルクスペーサーシールを貼って、不要な振動を抑えたり、塗装を傷めないようにするようです。
設置場所は出窓っぽくなってる窓手前のスペースが板張りなのでそこに。 若干空中配線しています。

約10時間鳴らしてみて

安さ優先で組み合わせてみたので大したことはないだろうと思っていたのですが、テレビのスピーカーに感じた気持ち悪さがなく逆にこみ上げる嬉しさをほんのり感じました。
まず、再生周波数帯域の広さが良いです。 明らかにテレビ本体スピーカーよりも低域も高域も広がっていて、音楽系ソースもそつなくこなしそう。 女性のサ行の発音がまず違う。 別にウーファーユニットを付けているわけじゃない(ミドルレンジとツイーターの組み合わせだろう)のに、より低域もよく聞こえる。 無理なく聞こえる自然さを感じます。 D-55EXの周波数特性は60Hz~100kHzとのこと。
総じて良く聴こえるものの、ちょっと違和感を覚える場面もありそれが何なのか気になります。 コスパがいい組み合わせです。
もうテレビ本体スピーカーの音量は最小にして、AP05+D-55EXの音だけにしてます。 両方を鳴らしてしまうとスピーカーの位置が違うせいで音のバランスが狂ってしまうように感じられたのと、やっぱりいい音だけ聴きたいのと。
なお、テレビの消音ボタンを押してしまうと、ヘッドフォン音声出力も止まってしまうため、本体スピーカー音量を「最小」に下げています。
当面この組み合わせで我慢して、余裕ができたらアンプをテコ入れしてみたいですね。

FOSTEX フォステクス パーソナル・アンプ AP05

FOSTEX フォステクス パーソナル・アンプ AP05

ONKYO D-55EX 2ウェイスピーカーシステム (2台1組) 木目 D-55EX(D) 【国内正規品】

ONKYO D-55EX 2ウェイスピーカーシステム (2台1組) 木目 D-55EX(D) 【国内正規品】

au系SIMから結局docomo系SIMに戻した件

しばらくau系MVNOのSIMをSIMフリー版iPhone 7 Plusで試していました

m6u.hatenablog.jp
m6u.hatenablog.jp
せっかく「SIMフリー版」を使っていて、昔iPhoneが登場した頃がSoftBank網で使っていたからSoftBank網のエリアの感じはわかるけど、au系ってどうなのかなって気になって、およそ1ヶ月位UQmobileのSIMやIIJmioのtypeAなSIMを使ってきました。
平野部にいるときはエリア内なのでデータ通信できていて、ひとまず不自由しませんでした。
しかし、結局はIIJmioのtypeDなSIM(docomo網のSIM)に戻してしまいました。

au系MVNOのSIMを使うと、電波の掴みが悪いのと、バッテリーの消耗が少し早いのと

SIMを入れ替えただけで、iPhoneの使い方は殆ど変わっていません。 ですが、バッテリーの消耗が少し早いのです。
職場と自宅、移動のクルマの中にも充電器を備えているので、少し早く消耗しているくらいでiPhoneの運用上は大して困りはしません。 それでも少々気になってしまいました。
au系MVNOのSIMを使うと、建物の中に入っただけでアンテナマークが1段階減ります。 docomo系MVNOのSIMでは減らない場所であっても、au系MVNOのSIMでは減ります。 iOSのField Testモードで電波が弱くなっているのが数字でわかりました。
電波の掴みが悪いので、どうしてもiPhoneが電波出力が強くなり、そのためにバッテリーの消耗が少し早くなっているのだろうと思います。

au系MVNOのSIMを使うと、山間部で使えず大変困る

秋田県という土地柄、平野部だけで行動せず山間部の道路を走って他県に出かけることもありますし、あるいは紅葉のシーズンに限らず山に登ったりもします。
au系MVNOのSIMは「au 4G LTE」というネットワークを使いますが、エリアマップを見ると山間部はボロボロです。 3G時代であればまだ通話できていたであろうエリアですら切り捨てられています。
ドライブ中に電波が捕まえられなくなると、隣のスマホ(docomo系SIM入り)にテザリングしてもらうことで難所をしのいでいました。 もしも端末一台しか持ってないとき(あるいは一方のバッテリーが消耗しきったとき)に、登山中に事故にあったとか山間部で交通事故でも起きて連絡を取りたいなどとなったときに、au系MVNOのSIMでは連絡がつけられません。 死活問題*1です。
地方の田舎ではプラチナバンドの800MHz帯の4G LTE対応が進んでいないように見えて、iOSのField Testモードで見ている限りでは平野部は基本的にBand1(2GHz帯)ばかりで、地形的高低差があるところだけ味付け的にBand18(プラチナバンド800MHz帯)で補っている感じで、基本的な構築方法はdocomoと変わりないようですが、docomoと比べると密度が薄いようです。
docomoならBand1で5~7局捕まるところが、auだと2~3局っていう印象です。 頼りない。 人口カバー率99%とかいう指標はとっとと捨てて、別の指標を持ってこないと競争力を誇示できないですよ、電波業界は。

やっぱりdocomo系SIMがしっくりくる

技術競争、速度競争、結構なことですが、それらは「つながるのが当たり前」な状況が前提になっています。 複数の通信方式や周波数帯域を束ねて高速化するためにも、各々の周波数帯域ごとにエリアを確実に確保して拡大する必要があります。
大都市部だけ先行して高速化技術が投じられ、地方の田舎では800MHz帯すら充実していないところなんて、とても使えませんよね。
もう一度docomo系SIMを入れたiPhoneは、バッテリーの消耗度合いも以前の水準に戻って、安心して使えます。 今回は貴重な体験をしました。

*1:かといって衛星電話を持つほど頻繁にトラブルに遭遇するわけでもないので、つながるケータイ一つあればいいって思います。

USB Type-Cのことがよくわからない? おすすめ記事があります

USB Type-C対応モバイルバッテリーのまとめ

m6u.hatenablog.jp

USB Type-C採用スマホHuawei P10 Plusの充電の記事

m6u.hatenablog.jp

USB Type-C向けモバイルバッテリーの使用感、使い勝手など

m6u.hatenablog.jp

USB Type-C対応カーチャージャーの比較

m6u.hatenablog.jp

SIMフリー版iPhone 7 Plusにau系SIMを入れてみるテスト2

f:id:m6u:20170914110341j:plain
先日の、au系MVNOのSIMを使ってみる件の続きです。
m6u.hatenablog.jp

IIJmioタイプAも、au系4G LTEネットワークが使えるSIMです

IIJmioのタイプAは、ドコモ系3G&LTEネットワークが使えるタイプDにほぼ準拠した価格設定でau系4G LTEネットワークが使えるサービスです。 これをSIMフリー版iPhone 7 Plusに入れて使ってみることにします。

UQmobileとIIJmioとのSIMの違い

パット見てすぐわかる違いは、SIMのパッケージングです。 「Try UQmobileレンタル」にて現在借用中のnanoSIMは、小さい面積なのに背景灰色にUQmobileロゴと黒字で「①」って書いてありました。 一方でIIJmioのマルチSIMは「au系MVNO SIM」という表記で、黄色い背景に黒字で「au MVNO」と書いてあります。 UQmobileは専用設計(?)SIMなんですね。
UQmobileをiPhoneで使う場合は、SIMロック解除されていれば、SIMをセットするだけで使える(最新7シリーズは)簡単さが特徴ですが、一方IIJmioは(最新7シリーズでなくても)公式サイトから動作確認端末一覧(タイプA/au網)から辿って構成プロファイルを必ずインストールする必要があります。

UQmobileとIIJmioと速度は全然違う

今朝の9時台に簡単に速度測定しています。 念のために他のアプリは終了させてSPEEDTEST by OOKLAのアプリのみにしています。



単純に速度面でau系MVNOを選ぶのであれば、UQmobileしかないのかもしれません。 UQは特別なのだと思います。
でも私は当面IIJmioを引き続き使うことにします。 これまで同様にファミリーシェアプランで月間10GB(余りは翌月繰越)が出来て、3枚のSIMでこの10GBをシェアして使えるのです。 タイプDもタイプAもひっくるめて10GB使えます。 他社にSIMを分けてしまうと、それぞれの基本料金がかかってしまい、何GBのプランにするかが難しくなります。
そんな経済性を優先して、もう少しIIJmioのまま使ってみたいと思います。

iMessageやFaceTimeが死んでしまった→翌日復活

ごくごく短期間のうちにSIMを入れ替えしているために、Apple側のシステムで異常なことと判定して、iMessageのアクティベーションが通らなくなってしまいました。 (AppleCareに電話して事情説明して、サポート情報を一通り確認しても改善できなかったので電話してみたと説明して、向こうのシステムも確認してもらってそういう状況と判明。)
まぁ、別にデータ通信は出来ているし、SMSも通るので、困ることはないのですが、システム各部を点検していてたまたま発見しただけです。
状況が進展したら連絡いただけるとのことなので、気長に待つことにします。
短期間のうちにSIMを複数入れ替えして試すようなことがある人が、世の中にどれくらいいるのかわかりませんが、iMessageを無効化したり、iPhoneを探すを無効にしたりしてからやれば、こんな目には遭わずに済むかもしれません。
《追記》翌日、復活できてました。

SIMフリー版iPhone 7 Plusにau系SIMを入れてみるテスト

f:id:m6u:20170908213436j:plain
ずっとドコモ系SIMであるIIJmioにお世話になっているのですが、せっかくスマホが2台も持っていて同じドコモ系ではなんかもったいなくて、片方をau系にしたらどうだろうと考え始めました。
IIJmioではドコモ系だけでなくau系も取扱があるので、データ通信用SIMのタイプ変更を申請すればよいのですが、たまたま見つけた「Try UQ mobileレンタル」というサービスで短期間試してみようと思い立ちました。

Try UQ mobileレンタルとは

UQ WiMAXのときも同様に「Try WiMAXレンタル」というのをやっていて自宅でWiMAXが使えるか試せて大変ありがたかったので、同じようにUQmobileのSIMも貸してくれるのはとてもありがたくうれしいです。
SMS認証を経てWebフォームから申し込みしたところ、翌日にはもうSIM発送になっていました。 素早い。
申込みの際に、VoLTE非対応のSIMとVoLTE対応のマルチタイプなSIMから選べたのですが、なんとなくマルチタイプにしています。

ところで動作確認は取れているのだろうか

常識的にはSIMロックされているわけでもないので通信通話できて当たり前と思っていたのだが、動作確認端末一覧にはiPhone 7シリーズの表示がない。 一抹の不安がよぎる。
iPhoneの電源オフにしてSIMを抜いて入れ替え、電源を入れてみると圏外表示でした。 IIJmio提供のプロファイルを入れっぱなしにしていたのが原因だろうと思い削除して、一旦機内モードにして一呼吸おいて戻すと、データ通信も通話も出来ない様子。
しょうがないのでiPhoneのWi-Fi接続を復活させてからGoogle検索にて「iOS製品の設定方法」という公式サイト内コンテンツからリンクが張られていないページを発掘し、ここから6シリーズ以降向けのプロファイルをインストールしたところデータ通信は出来るようになったが通話は出来ない。 おそらくこのレンタルSIMは通話できないものなのでしょう。

通信速度はなかなか良い

UQmobileはau系のSIMの中で速い方らしいと噂に聞いていたけど、SPEEDTEST by OOKLAで17時台、PING 55ms、ダウンロード76.64Mbps、アップロード11.67Mbpsという数字が出ています。 20時台、PING 95ms、ダウンロード71.63Mbps、アップロード10.93Mbpsとなり、速そうな感じがします。 バリ5を維持して4や3になったりしない状況なので良好なのでしょう。
これで山間部に行ったときにどうなるか、楽しみです。

〈追記〉使用周波数帯はどれか

「au 4G」表記だったのでLTE通信しているようです。
周波数帯の確認方法は、iOSの電話アプリで「*3001#12345#*」にダイヤルしてField Testモードに入ります。
Serving Cell Info>Freq Band Indicatorの数字が1なので、Band 1(2100MHz)だとわかります。
ちなみに、ドコモ系MVNOのIIJmioのSIMを入れたHuawe P10 PlusでもLTEを使っていてBand 1のようです。
参考までにUQ MobileなiPhone 7 Plusは-92の表記、IIJmio type DなP10 Plusは-92.0~-90.0dBmらしいので電波強度的には良好です。

〈追記〉SIM入れ替えで困ったことはなかったか?→ほとんどない

うちのiPhone 7 PlusにはApple Payにクレジットカードを幾つか登録していて、iD/QUICPayとして日々決済に使っていたりします。
SIMを入れ替えたあとでも全く差し支えなく支払いができているのが便利です。
SIMを入れ替えた直後は、アプリの通知の一部が来なくて困りましたが、設定>Apple ID>名前、電話番号、メールってところとか確認して、電話番号が切り替わっていれば大丈夫っぽいです。 来なくなった通知はいつの間にか解消されていました。

ほかのau系MVNOの情報も添えておきます

mineo(マイネオ)さんの「auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧」を見ると、しっかりiPhone 7/7 Plusの動作確認が取れていることがわかります。 SIMを入れ替えたあとに構成プロファイルをインストールすることで使えるようです。
IIJmioさんの「動作確認端末(タイプA/au網)」にも、しっかりiPhone 7/7 Plusの動作確認が取れていることがわかります。 SIMを入れ替えたあとに構成プロファイルをインストールすることで使えるようです。
UQ mobileさんも含めて、au系MVNOでiOS系はテザリングは出来ないみたいですね。 Androidスマホだとテザリング出来る機種があるのが羨ましいところです。