m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

AUKEYのType-C対応カーチャージャーの比較: CC-Y7 と CC-Y9

間違い探しかと思えるほど非常にそっくりな2つのカーチャージャー

CC-Y7 と CC-Y9 では、ほぼ同じ大きさで見た感じもほぼ一緒。 違いはType-Cポートが緑の方がPower Delivery規格(PD規格と略)対応の CC-Y7 で、黒い方がPD規格非対応の CC-Y9 なのです。
両方使ってみての感想をまとめてみます。
ちなみに充電ケーブルとして使ったのは同じくAUKEY製のこのケーブル CB-CD5 です。

なお、Huawei P10 Plusの充電用に使っているため、こちらも参照すると良いかもしれません。
m6u.hatenablog.jp

AUKEYのUSB Type-C対応Power Delivery対応カーチャージャー CC-Y7

先に購入して使ったのはこちらの、Power Delivery規格(PD規格)対応の方。
Huawei P10 Plusの充電に使うと、9V手前に昇圧されて最大1.8Aくらいで充電されて短時間でもみるみるバッテリー残量が回復していきます。
ちなみに簡易電圧電流測定器「Plugable USB-C」をカーチャージャーに挿しっぱなしのケーブルに繋いだだけで5V印加されているところが少々気になります。
f:id:m6u:20170731103945p:plain
Amazonの商品説明から引用しました。 5Vで最大3A、9Vで最大2.5A、12Vで最大2Aまで流せそうなところで、Huawei P10 Plusでは8.45Vくらいで最大1.82Aとかでした。 (VxAで15.379W)

AUKEYのUSB Type-C対応カーチャージャー CC-Y9

そのあと購入したのは、Power Delivery規格(PD規格)非対応の方。 当然、電圧は昇圧されず5Vくらいを維持します。
こちらは簡易電圧電流測定器「Plugable USB-C」を繋いだだけでは電圧印加されず、USB Type-Cの規格に準じているのかなと安心感があります。
f:id:m6u:20170731105431p:plain
Amazonの商品説明から引用しました。 5Vで最大3Aまで流せそうなところで、Huawei P10 Plusでは4.85Vくらいで最大1.83Aとかでした。 (VxAで8.8755W)

結論的に Huawei P10 Plus への充電には CC-Y7 を使っている

機器を繋ぐ前から5V印加されている、PD規格対応を謳う CC-Y7 ですが、Huawei P10 Plusに限って言うと特に問題は生じていないため、今はこちらを使っています。 単位時間あたりの供給電力量が多いことで、短時間でも割りと回復してくれるのです。
AUKEY製CCケーブル CB-CD5 が太くて曲がりにくくて癖があるのですが、メーカーの説明として3Aいけるという話と、造りが丈夫そうな感じが頼れるので、クルマの中で一番太いケーブルがType-Cだぞとわかりやすいのも理由の一つです。

買ってみました:AUKEY 5000mAh モバイルバッテリー USB Type-C 入力/出力 5V 3A出力 USB充電器 USB-A to USB-C ケーブル付属 PB-Y5

見た目よりもずっしり重い、AUKEY 5000mAh モバイルバッテリー

「AUKEY 5000mAh Power Bank」は、ちょっとした鈍器です。
購入に至った理由は、USB-C 出力が5V/3Aって書いてあったので、Huawei P10 Plusのバッテリーがピンチになったときに高速充電できるんじゃないだろうかという発想で。
f:id:m6u:20170711125054j:plain
付属品に、転がり防止のためのシリコンバンドと、USB-A←→USB-Cショートケーブルケーブル(説明書上20センチ)と、日本語の記載がある取扱説明書と保証書です。

筐体カラーはガンメタでクールな印象

無駄な飾りがないのが良いです。
メーカーロゴのささやかな主張だし、スペック表記や認証ロゴも最小限で意味が通じる内容です。
f:id:m6u:20170711125121j:plain
インジケーターはUSBポートのある端の円周方向に丸くリングが光ります。 この演出もいい。
バッテリー残量に応じて他の機器を繋いだときに光る色が、赤→緑→青に変わるそうです。
給電中は緑点滅になり、充電完了に鳴ると青点滅に変わるそうです。 付属のショートケーブルが5V2.4A給電出来るものらしいので、速く充電するために付属のショートケーブルの使用を推奨しています。

早速Huawe P10 Plusを充電してみた

ANKERのケーブルでは物足りない結果

ANKERのUSB-Cケーブルを使って残量10%付近でHuawei P10 Plusに充電してみたところ、1.2~1.3A付近でしか充電されませんでした。 残念です。
f:id:m6u:20170711213541j:plain

AUKEYのはまだいい感じ、でも超急速充電にはならず

AUKEYの3A充電可能とされるUSB-Cケーブルを使って同様に残量10%付近でHuawei P10 Plusに充電してみたところ、1.6A付近で充電されます。 3A可能なモバイルバッテリーと、3A可能なUSB-Cケーブルを使っても、3Aで充電されるわけではないというところがよくわからないHuawei P10 Plusです。
f:id:m6u:20170711213030j:plain
ちなみにこのAUKEYのケーブルは太めでねじれにも強く、ANKERのケーブルと比べて固くて取り回しが少々手間取ります。 それでも、急速充電できるケーブルの方がいざというときには頼りになるので、買うならAUKEYのケーブルだと思います。

Huawei P10 Plusの充電に困ってます

Huawei P10 Plusを購入すると、充電器と充電ケーブルが付属します

本体付属の充電器と充電ケーブルを使うのが、超高速充電できる基本的な組み合わせです。
どちらもHuawei製スマホ向けに作ってあるものらしく、ほかのスマホで使っていいかどうかわかりません。

付属充電器と付属充電ケーブルを使わずに、出先でも超高速充電したい

下記の記事中で使用している、microUSB-B→USB-C変換に使っているアダプターは、プルアップ抵抗として56KΩを組み込んでいて、最大1.5Aを流せるようになっているものだそうです。

また、電圧電流値の測定には、Plugable USB-C 電圧・電流チェッカーを使用しています。 電流方向も分かる表示があって便利です。

ANKER 40W 5ポート充電器とmicro-Bケーブルと56Kレジスター入りCアダプターでは遅かった

やや古いもののiPhone 7 Plusの充電など現役で活躍しているこの充電器でやったら遅かったです。
また、micro-B→C変換アダプター(56KΩプルアップ抵抗入り)のガタツキなのか接触不良が生じて、差し込んでいるのに充電されないこともあります。

ANKER PowerDrive+ 1(カーチャージャー)+ANKER PowerLine+ +56Kレジスター入りCアダプターでも遅かった

位置情報活用系ゲームのアプリを立ち上げながらも充電させるのですが、減りもしなければ増えもしないという良くない状況でした。

AUKEY 36W USB Type-C Power Delivery対応カーチャージャー+Anker PowerLine+ USB-C & USB-C ケーブルでは増加するものの、物足りない

この組み合わせではとりあえずアプリがガンガン消費していてもバッテリー残量が増える方向にいくのですが、急速充電とは呼べないかんじで焦れます。
ANKER製ケーブルからAUKEY製ケーブルに替えて少し電流値が上がったかなと思いましたが、大した差ではありません。
9V手前くらいに充電電圧が昇圧されはするものの、2Aに届きませんでした。

カシムラ DC充電器 リール 3A USB Type-C BK AJ-515

もしかして、USB-C対応のみでPower Delivery非対応の充電器はどうかと思って近所の家電屋さんで買ってみました。
残量50%台での測定で、5V付近のまま2A充電出来てます。
今まで試してきた中で、純正以外の組み合わせの中ではイチバン充電速度が早いです。
リール式の充電ケーブルなので、邪魔なときは巻き取って収納できます。
ケーブルが細いのが少々気になります、断線しないかとこわいです。

Huawei P10 Plusの電卓と時計

Android標準なのかHuawei固有アプリなのかはよく分かってないけど、画面例を掲載しながら紹介します。

Huawei P10 Plusの電卓はどうか

f:id:m6u:20170626213020p:plain
f:id:m6u:20170626213035p:plain
縦画面のときの、「+-」と「×÷」が離れているのが少し気になる。
四則演算の記号は縦に4つ並んでいてほしい気がする。
横画面にすると左に追加されるエリアに関数機能が出現して、しかもカッコをつけて計算優先順序も変えられるのが面白い。
イコールを入力せずとも入力途中で現時点で解釈できる計算式なら答えが表示されるのもarrows M02で見た記憶があります。
m6u.hatenablog.jp
過去記事で紹介した技が使えるかどうか試してみましたが、画面外からのスワイプには一切反応しませんでした。 残念。

Huawei P10 Plusの時計はどうか

f:id:m6u:20170626213757p:plain
f:id:m6u:20170626213814p:plain
f:id:m6u:20170626213828p:plain
f:id:m6u:20170626214029p:plain
iOS 9に入っているのとだいたい似ているような気がする。
ちなみに、横画面UIはありませんでした。

Huawei P10 PlusはiPhone 6 Plusにとても似てた

Huawei P10 Plusの第一印象は、とてもiPhone 6 Plusに似ていて、でも違うってこと

現在使っているiPhoneは7 Plusでマットなブラックにしていますけど、その前はシルバーでホワイトなiPhone 6 Plusでした。 どうしてもiPhoneぽくってそんな題名にしてしまいました。
正面の造形があまりにもホワイトなiPhone 6 Plusに似ていてびっくりします。 画面下部中央の指紋認証センサーの配置、端末左下にあるイヤホンマイク端子の配置、端末右下にあるスピーカーの配置がとってもiPhoneです。

保護フィルム、保護ケース、その他用意したもの

保護フィルム

硬度9Hを持つ硬さのP10 Plus専用ガラス保護フィルムです。
角も丸く仕上げてあって滑らかで引っかかったりはしません。
貼らなくても大丈夫そうな気もするのですが、大事に使うために念のため貼ってあります。

保護ケース

TPU素材のP10 Plus専用クリアケースなので、しなやか柔らかく、滑りにくさもあるので車載ホルダーとの相性も良いです。
P10 Plus付属のケースに似ていますが、付属ケースだと背面カメラセンサー部の開口部が端末横幅に迫るほど広いのですが、このケースは最小限の開口部に抑えているところが好印象です。
見た目に美しい端末なので、あまり隠したくはない、けど保護性能も確保したい、そんな人におすすめです。

Type-C変換アダプター

P10 Plusは従来のmicroUSB Type-Bなどではなく、Type-Cを採用しているため、今まで持っている充電機材がそのまま使えません。 急場しのぎとして変換アダプターを探しました。
最低4つは欲しかったのでこれにしました。
一つ一つにリングが付いていて紛失防止の工夫ができそうですが、活用していません。 むしろ邪魔なので外そうかなと。

電流電圧チェッカー

以前arrows M02の充電トラブルのときも電流電圧チェッカーが大変重宝したので、今回も絶対必要だろうと考えました。
純正充電器やケーブルを使わずに充電していて、今のところ1.5Aを越えない1.42A程度で充電されているのを確認できています。

USB-C~USB-Cケーブル

microUSB-BからUSB-Cに変換するアダプター経由でとりあえず充電できるようになっているものの、位置情報サービスを使うゲームアプリ(i~とかP~Goとか)を使っていると充電が消費に間に合わなずバッテリー残量が増えないことが分かってしまいました。
せめてクルマ移動中は短時間であってもバッテリー残量が回復するよう充電環境を強化することにしました。
そのために「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C ケーブル」を調達しました。 丈夫で長持ち、携行用ポーチも付属、色はレッドもあってUSB-Cケーブルは赤にするルールをマイルールにでもしようかというところ。

USB-C対応カーチャージャー

カーチャージャーもUSB-C対応にします。 いろんな製品があるのですが、USB-C対応のもののなかでQuick Charge 2.0/3.0対応を謳うものがあり、USB-CではQuick Charge 2.0/3.0は使わない(規格に準じてない)ためそういうのは選ばないに越したことはありません。
このAUKEYのカーチャージャー CC-Y7 は、Quick Charge系規格は記載がありませんのでその点は安心です。
そしてUSB-Cポートで3A流せる記載があるので、消費電力の激しいアプリを立ち上げながらでもしっかり Huawei P10 Plus を充電できるに違いないと考えています。(現時点でまだ届かないので評価はのちほど。)

似てるけど違うところ

指紋認証センサーの振る舞い

iPhoneのTouch IDセンサーとは似ていて違うところがあります。
iPhoneは指紋認証とホームボタンを兼ねているため、押し込む動作をすることが多々あるのですが、P10 Plusでは基本的に押し込みません。
「設定」→「ナビゲーションキー」の項目で、Android標準の表示を出すか、指紋認証センサーにナビゲーション操作も兼ねさせるかを選択できます。
ナビゲーションボタン表示がなくなる分、画面を少し広く使うことが出来て一見良さそうなのですが、ガラス保護フィルムを貼ったこともあり指紋認証センサーと周囲の段差がついてしまい、今ひとつ気持ちよく操作ができないため、結局Android標準のナビゲーションキー表示に戻してしまいました。
慣れの問題だと思いますけどね。

マナーモードの挙動

ガラケーがまだデジタル方式を採用する前から携帯電話を使ってきた身としては、iPhoneの側面に物理的にボタンが備わるサイレントスイッチで音を一通り消せる安心感が好きです。
音楽再生したり動画再生したりしたときに音を出すかどうかといえば、サイレントスイッチを入れれば鳴らないって方が理想的ですが、まぁ自分の意志で再生させるのだからサイレントスイッチが有効でも音が出てしまう場面があったりもするかもしれません。
でも、アプリが出す音については、着信音と同様にサイレントになって欲しいのがスマホ全般に対する私の要望です。
ところで、P10 PlusではAndroid標準のままらしく、はじめにサウンドモードをバイブ、サイレントに切り替えるショートカットが備わっていて便利そうだなと思ったのですが、使ってみてサウンドモードはあくまで「着信音」のみ制御しているものであって、(音楽再生動画再生アプリの音が関係する)「メディア」の音量は放置しています。
そのため、あまり音が出てほしくない職場で、うっかりアプリの音が鳴ってしまい、冷や汗をかきます。
着信音とメディアの両方を制御してくれるマナーモードアプリって無いかなぁと探して、マナーモード - Google Play の Android アプリというアプリに落ち着きました。 これはとてもシンプルでわかりやすく、広告バナーもなく、特別な権限も不要で、希望する動作を実現できます。 簡単にマナーモード、サイレントモード、通常モードその他に変更できます。 音量を細かく設定できないのは機種依存性を排除した結果だろうと思うのであまり気になりません。

さようならarrows M02、こんにちわHuawei P10 Plus

思う所あり、Huawei P10 Plusに乗り換えます

f:id:m6u:20170623180537p:plain
IIJmioのユーザーなので、mioサプライでの取扱開始やAmazonギフト券がもらえるキャンペーンなど、好条件が揃ったため決断しました。 もちろん、端末補償オプションもつけます、壊したときがこわいので。
www.iijmio.jp
まだarrows M02の分割払いが終わってないけども。 買取業者に出すことで相殺できそうだし。

Huawei P10 Plusに期待するポイント

  • カメラ性能(暗部ノイズ低減や色再現性やボケ味)
  • レスポンスの良さ
  • 指紋認証の反応の良さ
  • 画面の綺麗さ、細かさ
  • アプリをじゃんじゃん入れてもへこたれないストレージの広さ

arrows M02の、後ろ髪引かれるポイント

  • おサイフケータイ。会員サービスの認証と電子マネー決済がワンタッチで済むのは革命的だった
  • MIL規格準拠の耐衝撃性などの頑丈さ
  • 防水防塵性能(IPX5/IPX8とIP6X)
  • 日本のメーカーだから問い合わせも日本語でしっかり対応
  • マナーモードはアプリ追加しなくてもしっかり機能してくれるところ(さすが日本メーカー)
  • 特殊工具必要なしにmicroSDやnanoSIMの入れ替えができるところ(日常的に触るところじゃないけど)
  • 画面外からスライドインして呼び出すランチャー

arrows M02の、今だから言える残念ポイント

  • カメラ性能が残念(色味が変なのでiPhoneで撮影してからこっちに転送して使ってた)
  • nanacoモバイル非対応(楽天EdyとWAONを入れて、ちょっと使いすぎた)
  • 内蔵ストレージの空き容量計算がお馬鹿なところ(SDカードに逃したデータも算入しているフシがある)
  • ポケモンGO Plus非対応
  • ingressがややモッサリ(我慢できなくもないけど、もっとサクサクしてくれたら嬉しい)
  • 画面解像度が物足りない(コンパクトな筐体だからしょうがない部分)
  • 内蔵ストレージ16GBはやはり足りない(我慢して削除したアプリもいくつかある)
  • Android OSのメジャーアップデートが来ない(6とか7とか羨ましかった)

やっぱり、iPhone 6 Plus→7 Plusに換えた事によって、Android端末としてarrows M02が見劣りしてしまったことが原因だと思ってます。
SIMフリー端末初心者には勧めやすいと思うarrows M02です。

Illustrator: A4名刺シート用紙で名刺を作成するテクニック

f:id:m6u:20170622140355p:plain

ネット上で見つけたテクニック→ダメでした

要約するとこうです。

  • W 91mm × H 55mm の長方形を描き、ガイド化。
  • その長方形ガイドを、原点からX方向 11mm Y方向 14mm 移動。
  • 移動コマンドで、X方向 91mm Y方向ゼロでコピー。
  • 2つ出来た長方形ガイドを、移動コマンドで、X方向ゼロ Y方向 55mm でコピー。
  • Ctrl-D を3回入力すると同じ動作を繰り返して、10個の長方形ガイドが完成。

これ、たしかに良さそうなのですが、長方形の際まで攻めるデザインで作った場合に、名刺シートのミシン目を跨いで印刷されることがあり、出来上がりは不評でした。
プリンターに厚紙を吸い込むときに、ほんのちょっと暴れられると、それだけでも微妙に印刷がずれてしまうのですが、そもそもそういう問題じゃないズレが見えます。
どういうズレかというと、上の方はミシン目に合っているのに、下の方に来るとだんだんズレていく現象です。

位置合わせを攻める、正しいガイドの引き方

準備

まず、A4用紙の新規ドキュメントを用意します。
次に、定規を必ず表示させます。 ガイドを楽に引くために、定規の上でマウスの左ボタンを押し込み、そのまま下方向や右方向に引っ張ってガイドを引くためです。 (もっと楽な方法などありましたらコメントください。)

左右分割

f:id:m6u:20170622135325p:plain
まず、X方向 14mm 196mm の位置にガイドを引きます。 定規からのドラッグ操作で適当な場所に引いてから、画面上部にあるXYWHとか書いてある欄のX欄に直接数字を打ち込みます。
(目一杯ウィンドウをズームすることで、ドラッグ操作でも合わせられなくもないですが、正確さを確保するために数字を直接入力する方をオススメします。)
次に、X方向分割する残り1本のガイドを引きます。 これは適当な位置においてください。
そして、左から順番に3本のガイドを選択(Shiftキーを押しながら順番に左クリック)していったあと、「水平方向等間隔に分布」コマンドを実行することで正しく左右方向の分割になります。
f:id:m6u:20170622140713p:plain

上下分割

f:id:m6u:20170622135338p:plain
まず、Y方向 11mm 286mm の位置にガイドを引きます。 定規からのドラッグ操作で適当な場所に引いてから、画面上部にあるXYWHとか書いてある欄のY欄に直接数字を打ち込みます。
次に、Y方向分割する残り4本のガイドを引きます。 これは適当な位置においてください。
そして、上から順番に6本のガイドを選択(Shiftキーを押しながら順番に左クリック)していったあと、「垂直方向等間隔に分布」コマンドを実行することで正しく上下方向の分割になります。

あとはデザインする

ここは自由行動です。(笑)
名刺一つのデザインが確定したら、グループ化して、コピーして10箇所に配置します。

位置合わせ

f:id:m6u:20170622154255p:plain
左上を原点に印刷するのであれば、今回引いた直線ガイドの交点に一つ一つの名刺デザインがハマるように配置し、図に示す順番で重ねるとはみ出る部分を最小化出来ます。
試しに印刷してみて、全体的に上下方向や左右方向にズレている場合は上下端や左右端のガイドの位置を0.2~0.3mm単位で微調整してから、「水平方向等間隔に分布」コマンドや「垂直方向等間隔に分布」コマンドで等間隔にガイドを置き直してから、位置合わせをやります。
もしも、右に行くほど(下に行くほど)ズレ幅が増える場合には、右端(下端)のガイドを0.2~0.3mm単位で微調整してから、「水平方向等間隔に分布」コマンドや「垂直方向等間隔に分布」コマンドで等間隔にガイドを置き直してから、位置合わせをやります。
これの繰り返しで、ミシン目にズバリ当たるように調整できます。 ここはもう経験的な話になってくる職人の世界です。

ズレを抑えるための工夫

先にも書いたように、プリンターに用紙を吸い込まれるタイミングで多少なりとも用紙が暴れますので、プリンターへの用紙の置き方に工夫が必要です。 用紙ガイドと用紙の間に隙間ができないよう細心の注意が必要です。
そこまで頑張ってもズレて印刷されることはあるので、長辺方向にズレ幅が広がる現象さえ抑え込めば、あとは全体的な位置ずらしをプリンターダイアログ上でやってしまうのも手です。
そして、ここまで頑張ってもズレることがあります。 その時は改めて名刺シート用紙に定規を当ててください、14mmや11mmの余白が狂っています。 今回印刷に使ったア●●●で購入したシートはミシン目の精度が悪くて表面と裏面で余白が微妙に狂ってくるので気が狂いそうになります。(涙) ミシン目の精度が高く揃っているものがありましたら教えてください。 ともかく、用紙の余白を高精度に測定して、等間隔に分布でやればなんとかなりそうです。
今月から始めたIllustrator修行なので、テクニックとしてまとめられるネタがあれば、今後も掲載していこうと思います。

コクヨ ステンレス直定規 30cm TZ-1343

コクヨ ステンレス直定規 30cm TZ-1343