読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

日本のメーカーは、Bluetoothヘッドセットに大きいイヤーフックも添付するべき

 「A2DP対応Bluetoothヘッドセット - LBT-HS20MMPBK」を買って使ってみた乾燥など。
 スペックを簡単にまとめると、片耳Bluetooth接続ヘッドセット、Bluetooth v4.0対応、HFP/HSP/A2DP/AVRCP対応、A2DPのコーデックはSBCのみなので音質は良くない、著作権保護のSCMS-T対応で保護コンテンツ(ワンセグ・フルセグなど)も楽しめる、HDvoice対応で電話音声の音質が割と良い、CVC対応で聞き苦しさを抑えてる、充電はmicroUSB端子、マルチポイント接続で2台の電話の待ち受けが出来るとか。
 iPhone接続でヘッドセット内バッテリー残量が見えるのもポイントかも。 バッテリーも音楽再生で約5時間らしい。
 再生時間が他のよりも少し長いのと、HDvoiceなど割りと新しめの仕様も入っていることもあって、約2千円というところも後押しして家電量販店で購入。
 実際、使ってみて割りと良かったんですよ、性能は。

イヤーフック、大きめのが欲しい

 ただ、イヤーフックが小さくて邪魔で、イヤーフックを外して使ってました。
 エレコムさんだけじゃなく日本のメーカーさんはイヤーフックの大きさが1種類のみで、この製品では同じサイズで左右1つずつ付属している状態でした。 見た目からして私の耳に合わないかもしれないという不安はありましたが、イヤーフックなしでも使えるかもと期待して買ったので、耳に合わないのは自己責任かもしれません。
 近隣の方、家電量販店のレシート込みで引き取ってもらえませんか。(涙)

これを諦めて海外製品を使わざるを得ない

 イヤーフックが対応していないなら、海外製品の、耳の中で突っ張って固定するやつとか、あるいはイヤーフックの大きめのが付属するやつとか、そういうのじゃないとダメなんです。