読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m6u's blog

便利な製品・サービス・アプリを見つけては、その評価を書き続けるブログ

iPhoneのデータ通信量が嵩む原因は「Wi-Fiアシスト」かもしれませんよ

iOSやiPhoneやApple Pay

iOS 9から追加されている、Wi-Fiアシストとは

 詳しい説明はApple社のサイト「Wi-Fi アシストについて」を見てもらえればわかると思いますが、Wi-Fi接続中でもモバイルデータ通信を使ってインターネット接続を安定させる仕組みのようです。
f:id:m6u:20161215125126p:plain
 「設定」→「モバイルデータ通信」の画面を開いて、ページ最下部までスクロールさせると、やっとWi-Fiアシストの設定が出現します。 ここでオンにすることでWi-Fiの接続状況が悪い場合にモバイルデータ通信を使うようです。

マルチコネクションとの違いは?

 Android端末には最近、マルチコネクションという機能があって、うちのarrows M02にも入っています。
 マルチコネクションの場合は、Wi-Fiの接続状況が十分良くてもモバイルデータ通信も積極的に使って、とにかく早くデータのダウンロードができるように振る舞います。
 対してiOSのWi-Fiアシストは、Wi-Fiの接続状況が十分よければモバイルデータ通信を使わずWi-Fiのみで通信するため、闇雲にデータ通信量が増えてしまうわけではありません。